法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#eコマース
#

eコマース

スタートアップ220資金調達928提携・M&A223オリジナル記事3
このページをシェア
スタートアップ220
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社レスティル
株式会社レスティル
従来の宅配ボックスなどにはない「双方向性」を可能にする、折り畳み可能なIoTデリバリーボックス『ポスケット』と専用アプリを活用してサービス提供を行います。スマホアプリと連携する『ポスケット』は、【買い物難民問題】、【商店街などの地域活性】、【宅配便再配達問題】、といった3つの社会課題の解決を目指しています。 『ポスケット』はマッチング機能により地元間のデリバリーサービスを可能とすることで、買い物難民の方々に対し気軽にモノのやり取りができる快適さを提供します。一方で地元企業や商店街などの事業者側も『ポスケット』のスマートキーや決済機能、広告機能等を活用することで、地域の潜在顧客とのつながりが生まれ、販路拡大を図ることができます。またこれらの機能はシェアリングなど地域の個人間取引への活用も可能です。さらにボックス本体は軽量折り畳み式で電池稼働なので使い方や設置場所を選びません。現在『ポスケット』は量産試作機が完成し、本年中の市販化に向け最終調整中です(※プロダクト専用サイトは11月中旬にリリース予定)。また『ポスケット』の開発にあたって、弊社は[ボックス構造に関するもの]と[カギ機構に関するもの]の2つの特許出願を済ませています。
#モバイルアプリ#IoT#ハードウェア#販促#MarTech#AdTech...
2017-08-01
2020-09-10
株式会社BLAST
女性に向け、多様な選択肢を提案するエンパワーメントメディア「BLAST(ブラスト)」を運営。生理期間中に1枚でも使用できる吸水ショーツを提供する生理用品ブランド「Nagi(ナギ)」を運営。「私たちは、ほんとうは、もっと自由だ。」をテーマに事業を展開。
2018-01-11
2020-09-08
シード
200,001
株式会社カンカク
飲食店の企画・運営、ソフトウェアの開発・運営。完全キャッシュレスカフェ『KITASANDO COFFEE』、完全キャッシュレスのパーソナライズドカフェ『TAILORED CAFE』の展開。店舗展開と並行して独自モバイルオーダーアプリ『COFFEE App』を開発・提供する。『COFFEE App』上でドリンクやフードを事前注文することで、待ち時間なくスムーズに店舗にて受け取ることができ、調理状況をリアルタイムでチェック可能。「“Building the next city.”(新しい都市をつくる。)」をビジョンに掲げる。
2018-11-01
2020-09-07
オリジナル記事3
SDGsで成長加速。IPOを目指すTrimのセーフボックス
2020-09-14
スタートアップの最新トレンドがわかる週間企画「INITIAL Briefing」。 独自取材による注目スタートアップ紹介、資金調達など抑えておくべき3大ニュース解説、EXIT Reviewなどのコンテンツをお届けする。 注目スタートアップは、子育て関連サービスを展開するTrimを紹介。SDGsの取り組みとして注目が集まる事業領域と、「トイレのようにどこにでも当たり前にある社会インフラをつくりたい」と代表・長谷川氏が語る背景に迫る。 9月2週目のピックアップニュースでは、上場企業・スタートアップによる買収の新たな兆候について解説する。 また、直近のIPO動向や今後の注目IPO企業についても解説する。
インド注目ユニコーン総覧。BtoB市場に商機あり
2020-09-10
インド・スタートアップ特集「インド・チャンス」。シリーズ最終回となる第3回では、インドの注目ユニコーン企業を概観する。 巨大市場を背景にインドを代表するデカコーン企業はECなどtoC企業が中心だが、BtoBビジネスにも投資家の注目が集まっている。通常、新興国ではBtoBビジネスは成長しにくい中で、インドで立ち上がりが早い要因を解説する。 またこの2年で日本企業によるインドスタートアップへの投資・協業も加速している。ニチレイ、エムスリーなどの事例を紹介しながら、日本企業のインド進出における可能性についても論じる。
「瞬間的な時価総額に意味はない」“淘汰されない”会社のあるべき姿
2019-06-20
起業家から経営者へ。企業のステージによって、トップに立つ人物が求められる役割も変わってくる。 100人を超える社員を抱え、BtoCとBtoB事業のどちらも行うFinatext (以下、フィナテキスト)。昨年は60億円を調達し、複数の海外拠点も構えるなど急成長を遂げている。 EY Innovative Startup 2019を受賞し、資金調達や海外展開も見据えるスマートショッピング。フィナテキストと同様にBtoC、BtoB事業に同時に取り組んでいる。 今回は前回の記事に続いて、フィナテキストの林さんに急成長する組織を作っていく上での注意点や、ぶつかった壁について、スマートショッピングの志賀さんと対談形式で語ってもらった。
initial-enterprise-vertical
法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」では、すべてのコンテンツと機能をご利用になれます。
スタートアップ
15,300
事業内容 / 株主 / 役員 / 従業員数 / ラウンド情報 / ファイナンス情報 / ニュース / 類似企業 など
投資家
12,700
投資先 / 投資家種別(VC、事業法人、金融機関...) / 投資対象 / ファンド / ニュース など
投資ラウンド
74,400
調達日 / INITIALシリーズ / 調達額 / 調達後評価額 / 投資家 など
ファンド
2,300
ファンド名 / 開始日 / ファンド額 / ファンド種別 / ファンド類型 / 重点ステージ など
契約済みの方はログインしてください