initial-logo

  • 3分でわかるINITIAL
  • ログイン
ログイン
  1. ホーム
  2. タグ
  3. #ロジスティクス
#

ロジスティクス

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事

国内スタートアップ

157
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社LOKIAR
株式会社LOKIAR
物流向けサービス開発、ITを活用したサービス事業を行う。運送会社間のマッチングで低積載を解消しコスト削減と生産性向上を支援するプラットフォーム「Meech(ミーチ)」の提供。
2023/06/01
2024/05/31
株式会社コマースロボティクス
EC運営・物流に特化したDXプラットフォームを軸に事業を展開。EC運営における受注業務から出荷、発注業務までを95%以上自動化できるEC事業者向けシステム「コマースロボ(OMS+WMS)」、「コマースロボ(EOS)」を提供。EC運営向けの在庫管理システム「エアロジ(WMS)」を提供。日本国内でECビジネスを展開したい海外企業に向けて、さまざまなECモールへの出店をサポートする事業「Air Trade」を展開。EC自動出荷が可能な物流システムサービス「サイバーロジ」を開発。SNSのようにコネクトされた企業間で電子帳票の発行・受取・保存ができるインボイス対応請求書システム「SALES GRAM」を提供。オンラインの日程調整、電子名刺交換、AI文字起こし、議事録保管・共有、リアルタイム翻訳機能を有する統合型DXサービス「Meetgram」を開発。「ITでビジネスを簡単にします。」をミッションに、「グローバル企業となり、世界のお客さまに貢献します。」をビジョンに掲げる。
2013/07/31
2024/05/31
シリーズA
1,498,980
(推測)
INSOL-HIGH株式会社
物流自動化に必要なサービスを展開。物流ロボットや物流ロボット制御ソフトウェアの企画・設計・開発・販売・導入支援及び保守サービス等を行う。
2019/11/13
2024/05/24
シード
250,002
(推測)
もっと見る (157

オリジナル記事

4
ユニコーンのTBM、20.6億円の大型調達。ESG投資の流れへ

2020/11/30

スタートアップの最新トレンドを毎週発信する「INITIAL Briefing」。 今週は、ピックアップニュース解説と注目スタートアップのインタビューをお届けする。 ピックアップニュースでは、ユニコーン企業のTBMが20.6億円を調達したニュースを起点に同じく素材系のユニコーン企業 Spiberとのファイナンスを比較し、今後の素材系スタートアップのファイナンスについて考察する。 注目スタートアップインタビューでは共同購入アプリ「カウシェ」を提供するX Asiaを紹介する。本日、シードでANRI、グローバル・ブレイン、千葉道場ファンドから1.8億円の調達を発表しており、サービスリリースから約3ヶ月での調達となった。中国企業から着想を得たという代表の門奈氏に今後の展開を伺った。

物流業界の変革者。オープンロジ、資金調達の舞台裏

2020/11/18

物流業界を変革する「真のDX企業」が登場した。 物流業務プラットフォームを提供するオープンロジだ。EC市場の成長を追い風に、BtoCの物流分野で力強い成長を実現している。 2020年10月にシリーズCで17.5億円の大型調達を発表。調達後企業評価額は推定105億円だ。株主に総合商社や運輸会社など事業会社を迎え、新たなステージに突入した。 INITIALは、オープンロジCEOの伊藤秀嗣氏、CFOの柳聖基氏、またシリーズBでリード投資家を勤めたEight Roads Ventures Japan村田純一氏のインタビューを敢行。 同社の成長を支えた設立時からシリーズCまでの資本政策と、グローバルでも珍しい日本独自のビジネスモデルを築く同社の秘密に迫る。

勢いを増すデジタル・トランスフォーメーション

2020/11/02

スタートアップの最新トレンドを毎週発信する「INITIAL Briefing」。 今週は、ピックアップニュース3選、独自取材による注目スタートアップ紹介、マザーズ・IPO企業動向を紹介するExit Reviewのコンテンツをお届けする。 ピックアップニュースでは、ジェネシア・ベンチャーズ80億円のファンド設立をはじめとした、デジタル・トランスフォメーション(DX)領域の注目ニュースを紹介する。 注目スタートアップでは、ゲノム編集技術の研究開発を行うバイオパレットを紹介する。同社は2020年にノーベル化学賞を受賞した技術、CRISPR/Cas9をさらに発展させた基盤技術を有する。9月にはシリーズAで10億円の調達を発表。グローバルでの活躍が期待できる同社について、事業開発マネージャーの岩田清和氏、ジャフコ グループの三浦研吾氏に話を伺った。 Exit Reviewでは、10月に上場したIPO企業の時価総額動向と、11月に上場予定のIPO企業について解説する。

【大躍進】1年で業界シェア25%。配送のラストワンマイルに見つけた勝算

2019/08/15

>スタートアップ最前線 年々、訪日観光客は年々増えて2018年は3,000万人以上の観光客が1年間で訪れている。 しかし観光客は様々な課題を抱えており、その1つとして挙げられるのが「荷物の配送」だ。 その課題に対し、「空港とホテル間の配送」に特化して取り組んでいるスタートアップがいる。宿泊施設と空港間の手荷物当日配送サービスを提供する「Airporter」だ。 空港からの配送はヤマト運輸など配送大手も行っている中、どこに勝ち筋を見出しているのか。注目のスタートアップに話を聞いた。 前編では、インバウンドの最前線サービス「空港⇔ホテルの配送」が秘める可能性について、Aitporter CEO泉谷氏のインタビューをもとに解説する。

initial-enterprise-vertical
有料契約限定のコンテンツです。
無料トライアルに申し込むと、すべてのコンテンツをご覧になれます。
契約済みの方はログインしてください