initial-logo

  • 3分でわかるINITIAL
  • ログイン
ログイン
  1. ホーム
  2. タグ
  3. #研究開発型
#

研究開発型

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事

国内スタートアップ

2,877
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社eMoBi
株式会社eMoBi
電動トゥクトゥクを基軸としたモビリティ全般についての販売、サービス開発。電動トゥクトゥク「Paco」のレンタルサービス「えもび」の運営。「移動のハードルを極限まで下げ、クリーンで回遊性の高いスマートシティを作る」をビジョンに掲げる。
  • #研究開発型
  • #MaaS
  • #モビリティ
  • #レンタルサービス
2019/05/15
2024/06/11
シード
297,540
(推測)
株式会社MUSE
小売店舗向け自律移動ロボットの開発。ストアロボット「Armo(アルモ)」の展開。「ロボットで世界の人々に、インスピレーションを。」をパーパスとする。
2022/04/20
2024/06/11
シリーズA
2,319,946
(推測)
株式会社名城ナノカーボン
カーボンナノチューブの開発・製造。カーボンナノチューブの合成技術「MEIJO eDIPS法」及び「アーク放電法」をはじめ、カーボンナノチューブの精製・分散・分離・塗布に関する技術を開発。単層カーボンナノチューブ「MEIJO eDIPS」、カーボンナノチューブ分散液「eDIPS INK」の提供。カーボンナノチューブ糸「CNT Yarn」、カーボンナノチューブテープ「CNT Tape」、半導体型カーボンナノチューブ等の製造。「究極のカーボンをつくり、未来を切り拓く」を経営理念に、「我々はカーボンナノチューブの可能性を信じ、カーボンナノチューブがなくてはならない素材に高め、 イノベーションを提供しすべての人々を幸せにする」をビジョンに掲げる。
2005/04/25
2024/06/06
シリーズC
4,837,000
(推測)
もっと見る (2877

オリジナル記事

3
研究開発型スタートアップ解体新書 -投資家編-

2023/06/30

今、スタートアップの中でも注目度が高い、研究開発型。研究開発型スタートアップの現状を複数の角度から明らかにし、適切に理解することを目的に、これまでデータからその実態とファイナンスをみてきた。 特集最後となる今回は、研究開発型スタートアップへの投資実績が多い投資会社6社7名へのインタビューを通じて、定性面から確認する。

研究開発型スタートアップ解体新書 -ファイナンス編-

2023/05/31

研究開発型スタートアップは、社会課題を解決するためのイノベーションをテーマに持つことが多く、グローバルに通用する可能性を秘めることから注目される。 本特集は、研究開発型スタートアップの現状を複数の角度から明らかにし適切に理解することでその発展に貢献することを目的としている。前回の実態編では、研究開発型スタートアップにまつわる現状をデータで示した。 2回目となる今回は、ファイナンスデータを中心とした分析を行った。研究開発型スタートアップの成長の変遷を明らかにすることにより、その特徴を数値で掴む。

研究開発型スタートアップ解体新書 -実態編-

2023/04/28

今、日本発グローバルユニコーンの担い手として、「研究開発型スタートアップ」を支援する動きが目立ってきた。人口減少や気候変動など深刻な社会課題解決を目的とした企業で、未上場市場でレイターまで到達するケースも増えている。 しかし、そもそも研究開発型スタートアップとは何か。INITIALでは、研究開発型スタートアップを独自に定義した。「研究開発型スタートアップ解体新書」と題し、全3回に渡って研究開発型スタートアップの実態、ファイナンス、事例から現在の姿を捉え、今後の可能性を探ることを試みる。 今回は第一弾として、研究開発型スタートアップと、そこへ投資する投資会社の実態を追及する。

initial-enterprise-vertical
有料契約限定のコンテンツです。
無料トライアルに申し込むと、すべてのコンテンツをご覧になれます。
契約済みの方はログインしてください