initial-logo
法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#宇宙
#

宇宙

スタートアップ34資金調達183提携・M&A21オリジナル記事1
このページをシェア
スタートアップ
34
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社SPACE WALKER
株式会社SPACE WALKER
再使用型有翼式サブオービタルスペースプレーンの設計、製造、運航サービス、および周辺部分品の設計・製造及び販売。宇宙関連イベントの企画・提案。「誰もが飛行機に乗るように自由に宇宙へ行き来する未来の実現」を目指す。
#製造#ハードウェア#BtoB#ロケット#宇宙
2017-12-25
2020-10-30
シード
株式会社Pale Blue
水を推進剤とした超小型統合推進システムの開発。
2020-04-03
2020-10-21
株式会社QPS研究所
人工衛星、人工衛星搭載機器、精密機器、電子機器並びにソフトウエアの研究開発・設計・製造・販売曇りや雨の日でも1メートル単位で人やトラック、船の動きを観測できる合成開口レーダー(SAR)搭載の小型人工衛星を開発(2019年12月にインドのロケットに搭載した小型人工衛星「イザナギ」の打ち上げに成功)
2005-06-15
2020-10-20
シリーズA
6,091,156
(推測)
オリジナル記事
1
技術系スタートアップの大型調達もファイナンスに違い、カギはEXIT
2020-10-19
スタートアップの最新トレンドを毎週発信する「INITIAL Briefing」。 今週は、資金調達など抑えておくべき3大ニュース解説、独自取材による注目スタートアップ紹介、Finance Reviewのコンテンツをお届けする。 10月2週目のピックアップニュースでは、日本国内ではなく米国市場を目指し上場申請した事例を紹介し、EXITの新たなトレンドを探る。 注目スタートアップは、衛星事業者向けクラウドサービスを開発中のスカイゲートテクノロジズを紹介。freee・自衛隊での経験から人工衛星データに着目し、宇宙事業に参入した代表の粟津氏。宇宙マーケットの現状と同社の今後の展開について話を聞いた。 Finance Reviewでは9月の調達額上位10社を分析。研究開発系2社の事例から素材系・バイオ系スタートアップのファイナンス特性の違いについて解説する。
initial-enterprise-vertical
法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」では、すべてのコンテンツと機能をご利用になれます。
スタートアップ
15,300
事業内容 / 株主 / 役員 / 従業員数 / ラウンド情報 / ファイナンス情報 / ニュース / 類似企業 など
投資家
12,700
投資先 / 投資家種別(VC、事業法人、金融機関...) / 投資対象 / ファンド / ニュース など
投資ラウンド
74,400
調達日 / INITIALシリーズ / 調達額 / 調達後評価額 / 投資家 など
ファンド
2,300
ファンド名 / 開始日 / ファンド額 / ファンド種別 / ファンド類型 / 重点ステージ など
契約済みの方はログインしてください