法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#フードデリバリー
#

フードデリバリー

スタートアップ22資金調達86提携・M&A41オリジナル記事1
このページをシェア
スタートアップ
22
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社KOMPEITO
株式会社KOMPEITO
オフィス配置型で野菜をしっかり摂れる置き社食サービス「OFFICE DE YASAI」 や、個人宅向けのサラダ定期配送サービス「OUCHI DE YASAI」を展開。OFFICE DE YASAIの冷蔵庫に設置したデジタルサイネージでの動画広告配信や、冷蔵庫内でのサンプリング、テストマーケティング等が実施可能な広告メディアサービス「OFFICE DE MEDIA」を提供。「DELIVER YOUR NEXT POWER」をビジョンに掲げる。
#農業#農家#BtoB#BtoC#オフラインサービス#フードデリバリー...
2012-09-03
2020-10-05
シリーズB
1,692,640
(推測)
株式会社タイミー
応募面接不要かつボタンひとつで働きたい時間に好きなだけ働けるマッチングサービス「タイミー」の展開。 第二の故郷をみつけようをコンセプトに、労働を通じ現地の人々とのふれあいの機会を提供するサービス「タイミートラベル」の提供。フードデリバリーのサービス「タイミーデリバリー」を提供。「一人一人の時間をより豊かにする」ことをビジョンに掲げる。
2017-08-23
2020-09-14
シリーズC
10,695,960
(推測)
株式会社Antway
共働き世帯に向けたプロの調理人・栄養士による家庭料理デリバリー「つくりおき.jp」を展開。
2018-11-12
2020-07-10
シード
450,000
オリジナル記事
1
「収益化」に舵を切るフードデリバリー。資本力に劣るスタートアップの勝ち筋は
2020-06-06
新型コロナウイルスの影響により苦境に立たされる外食業界とは対照的に、接触リスクの低いフードデリバリーのニーズは高まっている。 しかし、Amazonは2019年6月にはフードデリバリーサービス「Amazon Restaurants」を終了するなど、巨大プラットフォーム企業も撤退を迫られる厳しい市場だ。 グロービス・キャピタル・パートナーズの山本絢子氏は、「本質的な差異のない同類サービスが混在する状況のため、フードデリバリー各社の戦略の変化が求められる時代」と分析する。 日本でも出前館、UberEatsの2強を中心に競争が激化する中、スタートアップはどう戦うべきか。海外企業の現状を踏まえ、資本力に劣る日本のフードデリバリースタートアップの可能性について寄稿してもらった。
initial-enterprise-vertical
法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」では、すべてのコンテンツと機能をご利用になれます。
スタートアップ
15,300
事業内容 / 株主 / 役員 / 従業員数 / ラウンド情報 / ファイナンス情報 / ニュース / 類似企業 など
投資家
12,700
投資先 / 投資家種別(VC、事業法人、金融機関...) / 投資対象 / ファンド / ニュース など
投資ラウンド
74,400
調達日 / INITIALシリーズ / 調達額 / 調達後評価額 / 投資家 など
ファンド
2,300
ファンド名 / 開始日 / ファンド額 / ファンド種別 / ファンド類型 / 重点ステージ など
契約済みの方はログインしてください