initial-logo

  • 3分でわかるINITIAL
  • ログイン
ログイン
  1. ホーム
  2. タグ
  3. #VR
#

VR

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事

国内スタートアップ

341
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社PocketRD
株式会社PocketRD
3D・Web3技術を活用したソリューションを展開。完全自動でオリジナルアバターの作成ができる3Dアバタープラットフォーム「AVATARIUM(アバタリウム)」の開発。写真一枚でアバター生成が可能なBaaS「i avatar」の提供。デジタルデータの権利をブロックチェーン技術で保護するクリエイター向けプラットフォーム「Pocket Collection(ポケットコレクション)」の開発。複数のNFTとWalletに対応し、用途に合わせてDID(分散型識別子)とトークンを掌握できるインフラサービス「Digital Double(デジタルダブル)」等の提供。「ニッポン発。今、ここにない未来を創る」をビジョンに、「PocketRDの使命は世界中の人々のあらゆるコミュニケーションをより表現力豊かにすることです。」をミッションに掲げる。
2017/11/15
2024/05/21
シリーズA
2,995,000
(推測)
MyDearest株式会社
オリジナルVRゲームの開発・提供及び自社IPを用いたメディアミックス事業を展開。VRアドベンチャーゲーム「Chronos(クロノス)」シリーズを開発。YouTubeアニメ「僕達しかいない世界で。」、VR漫画「夢の相談所」、VRノベル「Innocent Forest」等のコンテンツ提供。自社ゲームのキャラクターグッズを販売する公式ストア「Chronos Universe Store」の運営。「人生を変えるような物語体験をつくり、届ける」をミッションに掲げる。
2016/04/07
2024/04/30
シリーズD
6,666,298
(推測)
株式会社スペースリー
空間データ活用プラットフォーム「スペースリー」を開発。「スペースリー」は、撮影したパノラマ写真や3DCGデータをクラウドにアップロードするだけで、360度VRコンテンツを自動作成できるクラウドソフトウェア。作成したVRコンテンツはWebブラウザでの再生が可能で、不動産・ハウスメーカーの営業活動や製造業の研修等に活用できるのが特徴。VR活用に関する情報メディア「Spacely Tips」を展開。 『空間データ活用で「伝わる」をスマートに。』をビジョンに掲げる。
2013/08/22
2024/04/26
シリーズA
2,170,075
(推測)
もっと見る (341

オリジナル記事

5
国内フードデリバリー最前線。各社の戦略は

2021/07/05

今週のトップニュースは、フードデリバリーサービスChompyの資金調達だ。 日本のフードデリバリー市場はこれまで出前館、Uber Eatsの2強体制であったが、2020年にはChompyなど国内外スタートアップの新規参入が進み、競争が激化している。後発企業のスタートアップの勝ち筋はどこにあるのか。業界構造の変化と、各社の事業戦略を解説する。 そのほか、独自のIPコンテンツで世界展開を狙うVRゲームのMyDearest、大手小売企業も導入する在庫管理クラウド・フルカイテンの資金調達ニュースを解説する。

【新】スタートアップが明かす、「VR研修」普及のポイント

2020/03/26

前編では、国内のVRスタートアップは営業マーケティングと研修領域へ積極的に参入していることが明らかとなった。 本記事では、研修領域でVRサービスを展開するスタートアップ、スペースリーとジョリーグッドの2社とその関係者に取材を敢行。 スペースリーは「コンテンツ作成の手軽さ」を、ジョリーグッドは「画質やアングルなどVRコンテンツの質」を重視しており、異なる戦略をとっている。 2社の事例を通して、研修領域でVRが普及するために求められるポイントを明らかにする。

「VR元年」から4年、VRスタートアップはtoBの時代へ

2020/03/25

Facebookの「Oculus Rift(オキュラス リフト)」を筆頭に、一般消費者向けVRデバイスが相次いで発売されたことで、2016年はVR元年と言われている。 それから4年ほど経った今、toB向けVR市場が伸びてきているのはご存知だろうか。 国内でも評価額が100億円に迫るtoB向けVRスタートアップが出ており、大手不動産会社がVR内覧を本格的に導入し始めるなど、盛り上がりの兆しがみられる。 また足元では、新型コロナウイルスの影響でリモートワークが推奨され、オンラインによるミーティングやイベントが急速に社会に浸透し始めている。この流れは、toB領域へのVRの普及を加速させうる。 本記事では、国内のtoB向けVRスタートアップの評価額上位10社を分析することで、同領域の最新トレンドを解説する。

【本質】元官僚が挑む「伝え方」のアップデート。VRにデバイスは必須じゃない

2019/08/11

> スタートアップ最前線 Oculus RiftやPlayStation VR(以下、PS VR)と言った一般ユーザー向けのデバイスが発売され、2016年はVR元年と呼ばれた。それから3年が経ち、市場は急速な拡大傾向にある。 世界では2016年には3000億円程度だった市場規模も2018年には2兆円弱まで拡大している。 また活用方法も多様化しており、ゲームといったtoC向けだけでなく企業向けに研修や営業支援ツールといった使われ方も増えている。 今回は森田CEOに私たちの知らない新しいVRの使い方と、見据えているこれからの見通しを話してもらった。

JAXA、経産省を辞めて起業家に。「アート発VRサービス」に見出した可能性

2019/07/28

サービスを画像や文章で説明されたが、イマイチ内容を理解できなかったという経験はないだろうか。 そんな悩みを変えうる技術がバーチャル・リアリティ(以下、VR)だ。VRは、目の前にない現実を、まるでその場にいるかの様に体験することができる。 Spacelyは誰でも簡単にVRコンテンツを作成できる「どこでもかんたんVR」を提供するスタートアップだ。 しかし、Spacely 森田CEOはもともと、ロケットや人工衛星をつくるために東大工学部に進学し、卒業後はJAXA、経産省とVRとは関係のない道を歩んできた。 森田氏はなぜ今、VRで挑むのか。その理由を聞いた。

initial-enterprise-vertical
有料契約限定のコンテンツです。
無料トライアルに申し込むと、すべてのコンテンツをご覧になれます。
契約済みの方はログインしてください