initial-logo
法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#AR
#

AR

スタートアップ72資金調達233提携・M&A59オリジナル記事1
このページをシェア
スタートアップ
72
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社GATARI
株式会社GATARI
現実にアバターを呼び出すことができるARカメラアプリ「Vismuth」を始め、AR音声プラットフォームを開発。リアル空間にゲームエンジンを適用することで、現実世界にいながらゲームのようにインタラクティブな音響体験ができる音声ARプラットフォーム「Auris」を開発。「人とインターネットの融け合う世界を創る」ことをミッションに掲げる。
#AR#VR#音声#モバイルアプリ#コンテンツ#エンタメ...
2016-04-05
2020-08-31
シード
バルス株式会社
リアルとバーチャルの融合で新たな体験を創造するxR Tech(エックスアールテック)カンパニーとして、XRコンテンツの企画・制作及び運営を行う。バーチャル3D空間上のエンターテイメントスペース「SPWN(スポーン)」を提供。ライブハウスをはじめとする、全国の劇場、映画館、イベントスペースなどのあらゆるスペースを、VTuberやバーチャルアーティストのステージにし、WEBアプリと連動することで、アーティストとファンが一緒に作っていく参加型ライブを実現することが可能。「テクノロジーで世界中の人々が一緒に楽しめる社会を作る」をビジョンに掲げる。
2017-10-30
2020-08-17
シリーズA
1,569,284
株式会社LATEGRA
エンターティンメントコンテンツの企画制作、イベント・CG・映像の企画制作、及びAR・VRを活用したリアルタイムグラフィック特化型事業の展開。
2017-05-26
2020-07-17
シリーズB
2,095,734
オリジナル記事
1
ARはリアルな人の繋がりを豊かにするのか?拡張現実の可能性に込めた想い
2019-09-13
ARとは「Augmented Reality」の略で、一般的に「拡張現実」と訳されるが、目の前の景色にバーチャル映像を重ね合わせることで、文字通り世界を拡張することができる。 その技術は、小売や医療など様々な業界でイノベーションを起こしているが、その中でもAR×エンタメの軸で「リアルな体験」のアップデートに挑むプレティア。 共同創業者の李禎み氏は、なぜ「AR」という手段で挑戦を続けるのか。そこには「機会平等をみんなに保証する」という李さんが持つビジョンと、ARの意外な結びつきがあった。 > ※本記事は、2019/3/4に公開された記事と2019/3/5に公開された記事を再編集し、公開したものです。
initial-enterprise-vertical
法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」では、すべてのコンテンツと機能をご利用になれます。
スタートアップ
15,300
事業内容 / 株主 / 役員 / 従業員数 / ラウンド情報 / ファイナンス情報 / ニュース / 類似企業 など
投資家
12,700
投資先 / 投資家種別(VC、事業法人、金融機関...) / 投資対象 / ファンド / ニュース など
投資ラウンド
74,400
調達日 / INITIALシリーズ / 調達額 / 調達後評価額 / 投資家 など
ファンド
2,300
ファンド名 / 開始日 / ファンド額 / ファンド種別 / ファンド類型 / 重点ステージ など
契約済みの方はログインしてください