法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#BtoB
#

BtoB

スタートアップ3,734資金調達16,263提携・M&A5,098オリジナル記事5
このページをシェア
スタートアップ
3,734
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社Another works
株式会社Another works
副業マッチングプラットフォームを中心に事業展開。毎月定額料金で企業と複業したい人をつなぐSaaS型プラットフォーム「Another works」の運営。複業をしている人や複業採用をしている経営者の声をインタビューとして発信するメディア「AW by Another works」の運営。「挑戦する全ての人の機会を最大化する」をビジョンに掲げる。
#スキルシェア#クラウドサービス#ソフトウェア#SaaS#サブスクリプション#ビジネスマッチング...
2019-05-07
2021-04-16
シリーズA
709,280
Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.
シンガポールを拠点にブロックチェーンエンターテイメント事業を展開。ユーティリティトークン「DEAPcoin」とブロックチェーンを活用し、新たな経済・文化を創造するプラットフォーム「PlayMining」を運営。ブロックチェーンで管理された創作の循環システムプラットフォーム「Digital Art Auction.」の開発。トレーディングカードバトルゲーム「JobTribes」の開発、提供。誰でも手軽に楽しめるパズルゲーム「PlayMining Puzzle×JobTribes」の開発、提供。「エンターテイメントと技術の力で新たな文化・未来の経済を」をビジョンに掲げる。
2018-08-28
2021-04-15
ナノティス株式会社
唾液による呼吸器感染症検査デバイスの研究開発。「病魔と闘うすべての人に迅速・的確なNoticeを提供する」をミッションに掲げる。
2016-06-06
2021-04-15
シード
443,527
(推測)
オリジナル記事
5
インド注目ユニコーン総覧。BtoB市場に商機あり
2020-09-10
インド・スタートアップ特集「インド・チャンス」。シリーズ最終回となる第3回では、インドの注目ユニコーン企業を概観する。 巨大市場を背景にインドを代表するデカコーン企業はECなどtoC企業が中心だが、BtoBビジネスにも投資家の注目が集まっている。通常、新興国ではBtoBビジネスは成長しにくい中で、インドで立ち上がりが早い要因を解説する。 またこの2年で日本企業によるインドスタートアップへの投資・協業も加速している。ニチレイ、エムスリーなどの事例を紹介しながら、日本企業のインド進出における可能性についても論じる。
「VR元年」から4年、VRスタートアップはtoBの時代へ
2020-03-26
Facebookの「Oculus Rift(オキュラス リフト)」を筆頭に、一般消費者向けVRデバイスが相次いで発売されたことで、2016年はVR元年と言われている。 それから4年ほど経った今、toB向けVR市場が伸びてきているのはご存知だろうか。 国内でも評価額が100億円に迫るtoB向けVRスタートアップが出ており、大手不動産会社がVR内覧を本格的に導入し始めるなど、盛り上がりの兆しがみられる。 また足元では、新型コロナウイルスの影響でリモートワークが推奨され、オンラインによるミーティングやイベントが急速に社会に浸透し始めている。この流れは、toB領域へのVRの普及を加速させうる。 本記事では、国内のtoB向けVRスタートアップの評価額上位10社を分析することで、同領域の最新トレンドを解説する。
ビザスクIPOまでの資本政策。堅実な成長を支えたデットファイナンス
2020-03-10
2020年3月10日、スポットコンサルの「ビザスク」が東証マザーズに上場した。 ビザスクのIPO時企業評価額は約123億円(公募価格1,500円基準)。公募価格1,500円は当初の想定公募価格2,100円を約3割下回る水準だ。 上場までの外部資金調達は創業初期の2回のみ。約4年半外部株主を受け入れず、自己資金と借入による資金調達で堅実な成長をみせ、設立から9年目で上場に至った。 競争が激化するスキルシェアサービスの中で、ビザスクはなぜ少ない資金調達金額で上場できたのか。特徴的なファイナンスとビジネスモデルを解説する。
製造業SaaSのA1A、シリーズA調達。今後の戦略と投資家の期待
2019-10-02
SaaS企業の資金調達が熱い。なかでも、最近、オクトやカケハシなどに代表される特定の業界に特化したサービスを展開するVertical SaaS(ヴァーティカルサース)の資金調達が活発になっている。 今回、注目株の1つ、製造業の資材・部品調達を行う購買部門向けに「RFQクラウド」を提供するA1A株式会社がシリーズAで約3億円(調達後企業評価額15.5億円)の資金調達を公表。 本記事ではキーエンスからVCを経て同社への起業へと至った代表の松原氏、投資家の前田氏へのインタビューをもとに概要をお伝えする。
見積り作業を劇的に変える。購買担当100人の欲しかったに応えるSaaS
2019-07-30
> スタートアップ最前線 by ami 「SaaSってお客さんに対してのメリットがすごく大きいんですよ」 SaaSが製造業のお客様にとってどれほど有用か語る松原氏は、営業職とVC業務を経験した後、2018年にA1A株式会社を設立。同社が提供するRFQクラウドは製造業の購買部門向けSaaSで、見積査定を効率化させることで最適な購買を実現する。 SaaSというビジネスモデルがIT業界ほど認知されているとはいえない製造業においても、お客様から返ってくる言葉は「これが欲しかったんだよ」という好意的な反応。 この言葉を引き出す裏には、SaaS自体が持つ強みと松原さんがサービスを提供する上で大切にしている思想があった。
initial-enterprise-vertical
法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」では、すべてのコンテンツと機能をご利用になれます。
スタートアップ
15,300
事業内容 / 株主 / 役員 / 従業員数 / ラウンド情報 / ファイナンス情報 / ニュース / 類似企業 など
投資家
12,700
投資先 / 投資家種別(VC、事業法人、金融機関...) / 投資対象 / ファンド / ニュース など
投資ラウンド
74,400
調達日 / INITIALシリーズ / 調達額 / 調達後評価額 / 投資家 など
ファンド
2,300
ファンド名 / 開始日 / ファンド額 / ファンド種別 / ファンド類型 / 重点ステージ など
契約済みの方はログインしてください