法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#在庫管理
#

在庫管理

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事
このページをシェア
国内スタートアップ
31
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社スマートショッピング
株式会社スマートショッピング
「日々のモノの流れを超スマートに」することを目指し、IoT重量計を使った在庫管理・発注自動化ソリューションを開発。製造業、医療機関などのB2B向けに、あらゆる在庫の管理・棚卸や発注を自動化するSaaS「スマートマットクラウド」を展開。消費者向けに、面倒な日用品の買い物を自動化、ゼロクリックショッピングを実現する「スマートマットライト」を展開。「日常を究極まで便利にする。」「重要なことに没頭できる時間を創り出し、社会全体を明るくする。」「最高の人材を引きつけ、自己実現を達成する機会を提供し続ける。」ことをミッションに掲げる。
#IoT#eコマース#オンラインサービス#BtoC#在庫管理#価格比較...
2014-11-04
2021-11-26
シリーズB
2,292,205
(推測)
株式会社ウィズテックファーマ
調剤薬局向けレセコン・電子薬歴・在庫管理一体型クラウドシステムの開発・販売
2021-10-01
2021-11-05
ものレボ株式会社
顧客工場の自働化・IT化による生産性向上を支援する各種サービスを提供。製造業向け工程管理SaaS「ものレボ」、設備にくっつけて電源を挿すだけで工程管理ができるサービス「いきなりIoT」を開発。「製造現場を快適に世界のものづくりを“デジタル”で豊かにする」をミッションに掲げる。
2015-09-01
2021-10-05
シリーズA
505,260
オリジナル記事
1
物流業界の変革者。オープンロジ、資金調達の舞台裏
2020-11-19
物流業界を変革する「真のDX企業」が登場した。 物流業務プラットフォームを提供するオープンロジだ。EC市場の成長を追い風に、BtoCの物流分野で力強い成長を実現している。 2020年10月にシリーズCで17.5億円の大型調達を発表。調達後企業評価額は推定105億円だ。株主に総合商社や運輸会社など事業会社を迎え、新たなステージに突入した。 INITIALは、オープンロジCEOの伊藤秀嗣氏、CFOの柳聖基氏、またシリーズBでリード投資家を勤めたEight Roads Ventures Japan村田純一氏のインタビューを敢行。 同社の成長を支えた設立時からシリーズCまでの資本政策と、グローバルでも珍しい日本独自のビジネスモデルを築く同社の秘密に迫る。
initial-enterprise-vertical
このページは、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」新プランユーザーへの限定公開になります。
新プランの詳細はこちら
契約済みの方はログインしてください