initial-logo

  • 3分でわかるINITIAL
  • ログイン
ログイン
  1. ホーム
  2. タグ
  3. #小売
#

小売

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事

国内スタートアップ

134
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社HataLuck and Person
株式会社HataLuck and Person
店舗マネジメントツール「はたLuck」の開発。「はたLuck」は、小売・飲食・サービス業に特化した管理業務DXツール。別々のツールで管理されていたコミュニケーション・教育・シフト作成・評価に関する機能をオールインワンでスマホアプリに搭載できるのが特徴。店舗サービス業の店舗業務効率化に関するコンサルティングを提供。『「はたらく」を楽しく』をミッションに、『「働きがい」を科学する』等をビジョンに掲げる。
2017/01/30
2024/01/30
シリーズC
4,131,663
株式会社オープンロジ
固定費ゼロ・従量課金で使える物流フルフィルメントプラットフォーム「オープンロジ」を提供。「オープンロジ」は、倉庫をネットワーク化することで在庫・業務を分散し、業務拡大や出荷数の変化に対応するサービス。EC通販向けに、物流代行サービスや物流アウトソーシング等のサービスを展開。「物流の未来を、動かす」をミッションに、「テクノロジーを使い、サイロ化された物流をネットワーク化し、データを起点にモノの流れを革新する」をビジョンに掲げる。
2013/12/25
2023/12/29
シリーズC
13,442,079
(推測)
Kinomis,Inc.
非代替性トークン(NFT)を活用した共同利用型の小売店舗「DeStore(ディストア)」を運営。
2020/08/26
2023/12/25
もっと見る134

オリジナル記事

2
社員170人を投入、丸井グループによるスタートアップ投資の本気度

2021/07/16

スタートアップ投資に会社の未来を賭ける丸井グループ。従来の小売と金融に加え、2016年から未来投資を事業の3本目の柱にすべく、青木 正久氏を中心にスタートアップとの協業を進めるための組織を構築してきた。 スタートアップとの協業を担うチームには約170人もの社員をアサインし、チームリーダーには役員を据える。さらに今後5年間では、200億円をスタートアップ投資に充てるなど、「ヒト・モノ・カネ」を集中投下し、共創投資を軸にした成長戦略に力を入れる。これまでの組織の変遷から経営におけるスタートアップ投資の位置づけ、KPIの考え方などについて丸井グループ共創投資部長の青木氏に聞いた。

物流業界の変革者。オープンロジ、資金調達の舞台裏

2020/11/18

物流業界を変革する「真のDX企業」が登場した。 物流業務プラットフォームを提供するオープンロジだ。EC市場の成長を追い風に、BtoCの物流分野で力強い成長を実現している。 2020年10月にシリーズCで17.5億円の大型調達を発表。調達後企業評価額は推定105億円だ。株主に総合商社や運輸会社など事業会社を迎え、新たなステージに突入した。 INITIALは、オープンロジCEOの伊藤秀嗣氏、CFOの柳聖基氏、またシリーズBでリード投資家を勤めたEight Roads Ventures Japan村田純一氏のインタビューを敢行。 同社の成長を支えた設立時からシリーズCまでの資本政策と、グローバルでも珍しい日本独自のビジネスモデルを築く同社の秘密に迫る。

initial-enterprise-vertical
このページは、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」新プランユーザーへの限定公開になります。
新プランの詳細はこちら
契約済みの方はログインしてください