法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#OMO
#

OMO

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事
このページをシェア
国内スタートアップ
11
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社クォーターズ
株式会社クォーターズ
ブライダル事業に特化した経営コンサルティングサービスを提供。マインドフルネス領域におけるテクノロジーサービス及びリアルプレイスの両面でのサービス「リトリートテック」の開発、提供。
#メンタルヘルス#ヘルスケア#BtoB#ブライダル#コンサルティング#ホテル...
2013-07-01
2021-12-08
Habitat株式会社
完全予約制サウナ施設の運営や温浴施設向けOMOツール「habitat」の開発・提供。habitat」は、顧客ごとの入退店の計測と決済金額を自動分析し、それぞれの店舗における顧客グループごとのLTVの計測と、それに伴うCRMの設計を提案することが可能。また、従来型の温浴施設でも簡単に会員制サブスクリプションサービスを導入することが可能。「競争から共生へ」をミッションに掲げる。
2020-10-30
2021-11-26
シード
424,346
(推測)
株式会社ファノーヴァ
トレーナー1名対少人数のOMO型セミパーソナルジム「FLATTE(フラッテ)」の運営。日本の美容サロンと訪日観光客を繋ぐ美容体験の多言語対応プラットフォーム「Borderless Beauty(ボーダレス ビューティ)」の提供。「Stay Funova」をビジョンに掲げる。
2019-04-25
2021-11-25
シード
200,003
(推測)
オリジナル記事
2
社員170人を投入、丸井グループによるスタートアップ投資の本気度
2021-07-16
スタートアップ投資に会社の未来を賭ける丸井グループ。従来の小売と金融に加え、2016年から未来投資を事業の3本目の柱にすべく、青木 正久氏を中心にスタートアップとの協業を進めるための組織を構築してきた。 スタートアップとの協業を担うチームには約170人もの社員をアサインし、チームリーダーには役員を据える。さらに今後5年間では、200億円をスタートアップ投資に充てるなど、「ヒト・モノ・カネ」を集中投下し、共創投資を軸にした成長戦略に力を入れる。これまでの組織の変遷から経営におけるスタートアップ投資の位置づけ、KPIの考え方などについて丸井グループ共創投資部長の青木氏に聞いた。
イングリウッド、創業16年目で初めて外部投資家を受け入れた理由
2020-10-30
創業以来、15年間一度も資金調達をせず増収増益を続けてきたイングリウッド。 ECを起点としたデータテクノロジー事業やAI事業を中心に事業を伸ばし、2020年8月期時点での売上は未上場ながら150億円超えを達成している。 これまで外部からの調達を行っていなかった同社だが、2020年3月・4月に日本郵政キャピタルとみずほキャピタルを株主に迎えた。 IPOを目指していながら、これまでメディア露出を積極的に行わなかったイングリウッドに、今どのような変化が起きているのだろうか。 INITIALでは今回、同社代表取締役社長/CEOの黒川隆介氏、取締役CFOの堂田隆貴氏に単独インタビューを敢行。 なぜ創業16年目にして外部の投資家を入れることを決断したのか。ポストIPOを見据えた資本政策と、世界市場への勝算を聞いた。
initial-enterprise-vertical
このページは、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」新プランユーザーへの限定公開になります。
新プランの詳細はこちら
契約済みの方はログインしてください