initial-logo

  • 3分でわかるINITIAL
  • ログイン
ログイン
  1. ホーム
  2. タグ
  3. #データ分析
#

データ分析

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事

国内スタートアップ

499
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社MOYAI
株式会社MOYAI
LED一体型高機能ネットワークカメラ「IoTube」の開発、提供。
  • #BtoB
  • #ハードウェア
  • #MarTech
  • #人工知能
  • #ビッグデータ
  • #IoT
  • ...
2018/11/05
2024/02/09
シリーズA
2,760,000
(推測)
KYCコンサルティング株式会社
KYC(Know Your Customer)の社会インフラ化を推進するレグテック企業。反社チェック・コンプライアンスチェックツール「Risk Analyze(リスクアナライズ)」の提供。本人確認審査業務を支援する情報提供データベース「Solomon(ソロモン)」の開発。KYCに関する各種コンサルティングの提供。「日本に健全な経済取引を実現する」、「Nothing に Value を与える」をミッションに掲げる。
2018/10/17
2024/02/07
シリーズB
1,808,000
株式会社イングリウッド
小売業界に特化しビジネスのDXを支援。EC事業を中心に自社PB開発、ライセンスビジネス、卸販売等を幅広く展開。冷凍宅配弁当「三ツ星ファーム」の提供。IT人材プラットフォーム「シンアド」事業の展開。「OMOにより商品とユーザーの関係をデジタルで滑らかにする」をビジョンに「商品を売る最強の集団であり続けること」をミッションに掲げる。
2005/08/24
2024/01/30
48,570,750
もっと見る499

オリジナル記事

1
イングリウッド、創業16年目で初めて外部投資家を受け入れた理由

2020/10/29

創業以来、15年間一度も資金調達をせず増収増益を続けてきたイングリウッド。 ECを起点としたデータテクノロジー事業やAI事業を中心に事業を伸ばし、2020年8月期時点での売上は未上場ながら150億円超えを達成している。 これまで外部からの調達を行っていなかった同社だが、2020年3月・4月に日本郵政キャピタルとみずほキャピタルを株主に迎えた。 IPOを目指していながら、これまでメディア露出を積極的に行わなかったイングリウッドに、今どのような変化が起きているのだろうか。 INITIALでは今回、同社代表取締役社長/CEOの黒川隆介氏、取締役CFOの堂田隆貴氏に単独インタビューを敢行。 なぜ創業16年目にして外部の投資家を入れることを決断したのか。ポストIPOを見据えた資本政策と、世界市場への勝算を聞いた。

initial-enterprise-vertical
このページは、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」新プランユーザーへの限定公開になります。
新プランの詳細はこちら
契約済みの方はログインしてください