法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#ヘルスケア
#

ヘルスケア

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事
このページをシェア
国内スタートアップ
264
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
Teatis Inc.
Teatis Inc.
糖尿病患者向けにミールリプレイスメント「Teatis」を開発。
#食品・飲料#飲食#FoodTech#糖尿病#HealthTech#ヘルスケア...
2021-06-01
2021-09-09
スマートスキャン株式会社
手軽にMRI検査を受けられる自費診断の脳ドック健診サービス「スマート脳ドック」を開発し、クリニック向けに提供。「スマート脳ドック」を利用できるクリニックのプロデュース。その他、ウェルネスデデータプラットフォームの構築、医療データ等を利用したAI開発などを行う。「予防医療をてがける医療施設をサポートし、"未病"の世界観を世界中のひとびとに普及」をミッションに掲げる。
2017-02-01
2021-09-03
シリーズA
6,129,458
株式会社デポルターレ・テクノロジーズ
ヘルスケアカタリスト育成の為のオンラインスクール「ヘルスケアカタリスト カレッジ」を運営。
2020-07-01
2021-09-02
オリジナル記事
1
プロ投資家の招聘で変わる、新生オムロンCVCの戦略
2021-07-02
1970年代からベンチャー投資を行ってきたオムロン。創業者である立石一真氏が設立した「京都エンタープライズデベロップ」(KED、1972年~1979年)は、日本における民間最古のVCと言われる。 時は流れ2014年、オムロンは新たにCVC「オムロンベンチャーズ」を立ち上げたものの、その後、4年間は思ったような成果を挙げることができなかった。転機となったのは2018年。VCの立ち上げから投資、ファンドのクローズまで携わった経験のある井上 智子氏を代表に招き入れ、同社のオープンイノベーションを加速させている。 プロ投資家が加わることでCVCはどのように変わったのか。今回は井上氏にこれまで取り組んできた変革やその手ごたえについて聞いた。「大企業はもっと変わらなければいけない」と語る井上氏の真意をお届けする。
initial-enterprise-vertical
法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」では、すべてのコンテンツと機能をご利用になれます。
スタートアップ
15,300
事業内容 / 株主 / 役員 / 従業員数 / ラウンド情報 / ファイナンス情報 / ニュース / 類似企業 など
投資家
12,700
投資先 / 投資家種別(VC、事業法人、金融機関...) / 投資対象 / ファンド / ニュース など
投資ラウンド
74,400
調達日 / INITIALシリーズ / 調達額 / 調達後評価額 / 投資家 など
ファンド
2,300
ファンド名 / 開始日 / ファンド額 / ファンド種別 / ファンド類型 / 重点ステージ など
契約済みの方はログインしてください