法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#ヘルスケア
#

ヘルスケア

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事
このページをシェア
国内スタートアップ
305
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
WHILL株式会社
WHILL株式会社
パーソナルモビリティ製品の開発・生産・販売・関連サービスの提供、及びパーソナルモビリティ製品を使用した移動サービス(MaaS)の提供。個人向け事業として、折りたためる軽量モデル電動車椅子「WHILL Model F」、段差や坂道に強く、縦だけではなく横に回る特別な前輪、オムニホイールを採用し小回り性能に特化した「WHILL Model C」などを開発。サービス事業として、WHILL本体の修理費用を負担する「本体保証サービス」、保険・ロードサービスなどがセットになったサポートサービス「WHILL Smart Care」の展開。法人向け事業として、シームレスな移動のソリューションを提供する「自動運転サービス」、研究開発用のプラットフォームとして利用できる「研究開発モデル」の提供。「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションに掲げる。
#ソフトウェア#モバイルアプリ#HealthTech#MaaS#自動運転#BtoB...
2012-05-11
2022-05-17
シリーズD
41,208,142
(推測)
株式会社FiNC Technologies
予防ヘルスケア×AI(人工知能)に特化したヘルステックベンチャー。ユーザー参加型の顧客接点構築ソリューション「FiNC Interactive Communication」の提供。法人向けに組織と個人の健康を管理し、解決のためのソリューションを提供する「FiNC for BUSINESS」の開発。スマートフォン向けヘルスケアアプリ「FiNC アプリ」、健康・美容商品に特化したECサイト「FiNC MALL」の運営。ライフスタイルのサポートをサブスクリプション型にて提供する「FiNC Plus」の提供。専門家が監修・調査した論拠をもとに、悩みにあわせてサプリメントを提供する「FiNC SUPPLEMENT」の展開。オンライン上の会員制フィットネスクラブ「FiNC Online Fitness」の運営。効率的なサービス開発や新規立ち上げを支援するヘルスケアサービスプラットフォーム「FiNC OEM KIT」の提供。「Design your wellness(一人ひとりが、自分らしい豊かな生活を描ける世界に)」をビジョンに、「Empower people to enjoy a healthy life with useful data(一人ひとりのデータを用いて“行動変容”を促し、楽しく健康的な生活を提供する)​」をミッションに掲げる。
2012-04-11
2022-05-16
シリーズD
42,028,582
(推測)
Lea Bio株式会社
ベトナムを中心に医療用アプリを開発・提供。「情報の力で世界の子供に平等な医療を届ける」をミッションを掲げる。
2019-08-14
2022-05-13
シード
オリジナル記事
2
豊島、CVCの勝ちパターンを作る逆説的プロセス
2021/10/07
創業180年を迎える豊島は、未上場ながら従業員約600人で売上高2000億円を稼ぐ繊維商社だ。戦前から続く繊維商社が今年、スタートアップの技術を活用したスマートタウン構想を発表。老舗の繊維商社からライフスタイル商社への変貌を目指すという。 2017年にスタートアップ投資専門の「みやびベンチャーズ」を設立し、全社をあげてスタートアップとの協業に本腰を入れる。しかしその投資スタイルは他と一線を画している。 昨今のCVCでは独立系VCのようにシードステージでの投資や、素早く意思決定できる体制への整備を進める動きが見られるが、豊島はあえて投資まで3段階のプロセスを設け、3ヶ月かけて多数のメンバーで議論をしながら、投資検討を進める。 一見コストのように見える時間をかけた投資プロセスと多数の参加者には豊島ならではの理由があった。その理由を豊島の溝口量久氏、和泉ちひろ氏、みやびベンチャーズの井上 恒一氏に聞いた。
プロ投資家の招聘で変わる、新生オムロンCVCの戦略
2021/07/02
1970年代からベンチャー投資を行ってきたオムロン。創業者である立石一真氏が設立した「京都エンタープライズデベロップ」(KED、1972年~1979年)は、日本における民間最古のVCと言われる。 時は流れ2014年、オムロンは新たにCVC「オムロンベンチャーズ」を立ち上げたものの、その後、4年間は思ったような成果を挙げることができなかった。転機となったのは2018年。VCの立ち上げから投資、ファンドのクローズまで携わった経験のある井上 智子氏を代表に招き入れ、同社のオープンイノベーションを加速させている。 プロ投資家が加わることでCVCはどのように変わったのか。今回は井上氏にこれまで取り組んできた変革やその手ごたえについて聞いた。「大企業はもっと変わらなければいけない」と語る井上氏の真意をお届けする。
initial-enterprise-vertical
このページは、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」新プランユーザーへの限定公開になります。
新プランの詳細はこちら
契約済みの方はログインしてください