initial-logo
法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#マーケットプレイス
#

マーケットプレイス

スタートアップ42資金調達237提携・M&A130オリジナル記事4
このページをシェア
スタートアップ
42
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
日本暗号資産市場株式会社
日本暗号資産市場株式会社
暗号資産で売買代金の決済を行う取引市場の開発。「物の流通促進と暗号資産の流動性を向上させることを通じて全てのニワトリタマゴ問題の解決を目指す」ことをビジョンに掲げる。
#仮想通貨#ブロックチェーン#BtoB#資産管理#プラットフォーム#コマース...
2019-11-19
2021-01-15
シード
iYell株式会社
住宅ローンのマーケットプレイスを軸とした「iYell住宅ローンプラットフォーム」を構築。不動産事業者向け、住宅ローン業務を効率化する住宅ローンアプリ「いえーる ダンドリ」を提供複数の住宅ローン商品の比較・検討、専門のコンサルタントと相談ができる「住宅ローンの窓口」を展開。住宅ローン事業を展開する各種金融機関のニーズに合わせた業務支援。住宅ローン総合サイト「住宅ローンの窓口ONLINE」を運営。不動産会社の口コミサイト「いえーる コンシェル」を運営。信頼できる不動産投資のパートナーを紹介する「いえーる コンシェル 不動産投資版」を運営。「最高に気持ちよく暮らせる社会の実現」をビジョンに掲げる。
2016-05-12
2020-11-04
シリーズB
10,850,791
(推測)
Idein株式会社
エッジデバイス上で画像解析AIなどを実行して実世界の情報を取得し、Webと連携するIoTシステムを構築・運用する為のプラットフォームサービス「Actcast」の開発、提供。「Actcast」は、安価なデバイスを用いてエッジ側で解析を行い、不要な情報を送信しない事によって運用コストを大幅に削減し、プライバシーへの配慮も行いながらAI/IoTシステムの普及を実現可能。セキュリティ、産業IoT、リテールマーケティング、MaaSなど様々な分野での利用が見込まれる。
2015-04-07
2020-10-28
シリーズC
11,113,993
(推測)
オリジナル記事
4
日本中の「コスト最適化」を目指す、経費削減SaaSの戦い方とは
2019-11-24
あらゆる企業が抱える経営課題の1つ、「経費削減」。 A.T.カーニーのコンサルタントとして、さまざまな企業のコスト改革に従事していた大平氏は、2019年2月に経費削減SaaS「Lenaer(リーナー)」を立ち上げた。 経費の可視化から削減プラン実行までをサポートする同社。 しかし、彼らが目指すのは単なるSaaSではなく、日本のあらゆる経費を最適化する「BtoBサービスのマーケットプレイス」だという。 「法人版価格ドットコム」とも言える事業の構想について、大平氏に話を聞いた。
【新時代】持ち家の常識は中古×リノベに。所有を身近にするプラットフォームの秘密
2019-10-05
>スタートアップ最前線 一度家を買うと数十年住み続けなければいけないのはリスク、だから賃貸にするー。 人によって真逆の立場となることもある。 この長きに渡って続いてきた不動産問題に、新たな選択肢を提示するスタートアップが、2019年7月にマザーズ市場に上場したツクルバだ。 ツクルバは中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」を通して、不動産売買の流動化を目指している。 持ち家 vs 賃貸論争に、中古マンション × リノベーションはどのような選択肢を示すのか。家の購入という高いハードルをいかにして越えやすくさせるのか。 ツクルバ 中村CCOは、事業の鍵は「メルカリが創ったフリーマーケット世界観」と「物件からユーザーを逆指名」と語る。 ツクルバの目指す世界観が、不動産業界にもたらす変革とは。
農家や漁師の「ファンビジネス」が拡張する、一次産業のもう1つの道
2019-10-01
「ばあちゃんの自慢は、市場には出回らない無農薬米だったんです」 創業のきっかけとなった自身の祖母とのやりとりをこう振り返る小林俊仁氏は、2017年に食のD2Cプラットフォームとしてukkaを立ち上げた。 農家から消費者に対して直接農産物を届けられるプラットフォームは数多くあるが、ukkaがそれらのプラットフォームと一線を画すのは、「物語のある消費」という特徴を持っている点だ。 日本の農業は「大規模低コスト型」と「小規模高付加価値型」の2極化が進むと語る小林氏に、この市場にどう挑むのか話を伺った。
町工場に変革を。次世代マーケットプレイス型組織「CADDi」の全貌
2019-09-21
製造業の受発注プラットフォーム「CADDi」(キャディ)は、製造業の部品調達を変革するスタートアップとして、2017年11月に設立。 サービス提供から1年程でDCMやWiL、グロービス・キャピタル・パートナーズ、グローバル・ブレインといった大型VCから10億円の資金調達を実施し、サービスの導入社数は3,000社を超えた。 CEO加藤氏のマッキンゼー最年少マネージャーという経歴や、製造業が抱えてきた積年の課題へのインパクトの大きさに注目が集まることも多い同社だが、特徴はそれだけに留まらない。 「2019年頭から、数百人体制を見据えた組織を始動している」と語る加藤氏に、CADDiのビジネスモデルと技術、そして「2つのカスタマーサクセス」を持つ独自の組織構造について話を伺った。 話は詳細に至り、本記事は1万字を超える。最後には、CADDiには加藤氏と補完関係がつくれるキングダムの桓騎(かんき)のような人物が必要だということにまで話は及んだ。
initial-enterprise-vertical
法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」では、すべてのコンテンツと機能をご利用になれます。
スタートアップ
15,300
事業内容 / 株主 / 役員 / 従業員数 / ラウンド情報 / ファイナンス情報 / ニュース / 類似企業 など
投資家
12,700
投資先 / 投資家種別(VC、事業法人、金融機関...) / 投資対象 / ファンド / ニュース など
投資ラウンド
74,400
調達日 / INITIALシリーズ / 調達額 / 調達後評価額 / 投資家 など
ファンド
2,300
ファンド名 / 開始日 / ファンド額 / ファンド種別 / ファンド類型 / 重点ステージ など
契約済みの方はログインしてください