法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#住宅
#

住宅

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事
このページをシェア
国内スタートアップ
31
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社Sanu
株式会社Sanu
自然と共にある生活 ”Live with Nature.“ を提案するホテル・レジデンスブランド「SANU」を開発。自然の中にもう一つの家があるライフスタイルをサブスクリプション制で提供する「SANU 2nd Home (サヌ・セカンドホーム)」の運営。
#住宅#ライフスタイル#オフラインサービス#宿泊施設#サブスクリプション#BtoC
2019-11-11
2021-12-03
シード
503,000
(推測)
株式会社SANU Kawaguchiko1st
「自然の中で生活を営むためのもう一つの家」をサブスクリプションサービスで提供。
2021-08-26
2021-11-15
CLASSIX株式会社
X Realty事業及びLife Design事業を展開。ギャラリー内や美術館内を4K3DVR技術で空間を細部までスキャン撮影し、それを活⽤したウェブサイトを制作。お寺クラウドSaaSやメモリアルアプリを開発。メモリアルサロン「追憶の木立」を運営。その他に、3Dウォークスルースキャニング・点群データードローン空撮スキャニングを提供。
2012-10-23
2021-11-05
シード
895,200
オリジナル記事
3
100年同じアメリカの住宅は日本人が変える。「13年ぶり2度目」の起業論
2019-10-30
「もし自動車メーカーが自動運転に興味がなければ、自動運転ソフトウェアが完成しても何も実現しませんよね。住宅にも同じことが言えます。」 シリコンバレーで「HOMMA(ホンマ)」を立ち上げた本間毅氏は、アメリカのスマートホーム市場に挑戦する理由をこう例える。 かつて学生起業家として事業売却まで経験した本間氏だが、実は「もう起業はない」と考えていたという。 13年ぶり2度目の起業となった本間氏に、アメリカの住宅産業で再挑戦を決めた理由と、日本人だから出来る戦い方について伺った。
【新時代】持ち家の常識は中古×リノベに。所有を身近にするプラットフォームの秘密
2019-10-05
>スタートアップ最前線 一度家を買うと数十年住み続けなければいけないのはリスク、だから賃貸にするー。 人によって真逆の立場となることもある。 この長きに渡って続いてきた不動産問題に、新たな選択肢を提示するスタートアップが、2019年7月にマザーズ市場に上場したツクルバだ。 ツクルバは中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」を通して、不動産売買の流動化を目指している。 持ち家 vs 賃貸論争に、中古マンション × リノベーションはどのような選択肢を示すのか。家の購入という高いハードルをいかにして越えやすくさせるのか。 ツクルバ 中村CCOは、事業の鍵は「メルカリが創ったフリーマーケット世界観」と「物件からユーザーを逆指名」と語る。 ツクルバの目指す世界観が、不動産業界にもたらす変革とは。
ツクルバ上場までのファイナンス。エンジェル投資家の役割とは
2019-09-30
2019年7月31日、東証マザーズに中古住宅の流通プラットフォーム「cowcamo」を展開する不動産テックスタートアップのツクルバが時価総額191.3億円(初値ベース)にて上場した。 2011年に「人と人、人と情報が交錯する「場」をつくりたい」という想いのなかで生まれ、約8年かけての上場を行った。株主のなかでもひときわ目立つエンジェル投資家の存在。スタートアップが盛り上がり、エンジェル投資家が増えていくなかで求められる役割とは。その好例となるファイナンスを見てみよう。
initial-enterprise-vertical
このページは、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」新プランユーザーへの限定公開になります。
新プランの詳細はこちら
契約済みの方はログインしてください