法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#仮想通貨
#

仮想通貨

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事
このページをシェア
国内スタートアップ
97
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
PassPay株式会社
PassPay株式会社
ブロックチェーン上で発行されたトークンの特性を持ちながら、資金決済法上の「自家型前払式支払手段」である円連動型のステーブルコイン「JPYWorld(JPYW)」の発行。「暗号資産と実体経済の間に立ちはだかる『三つの壁を“Pass(解決)”』する」ことをミッションに掲げる。
#FinTech#ブロックチェーン#トークン#金融#オンラインサービス#BtoB...
2022-02-28
2022-06-13
株式会社HYPERITHM
機関投資家や適格投資家を対象とした暗号資産のウェルスマネジメント事業を展開。私募で暗号資産のレンディングサービスを運営。国内初ビットコイン建てのファンドを運用開始予定(2022年5月)
2018-01-29
2022-05-10
シリーズB
12,443,806
(推測)
株式会社サクラエクスチェンジビットコイン
暗号資産取次所「SEBC」にてビットコインの運用関連サービスの展開。SEBCは、暗号資産の定額積立サービス「積立ましーた」と暗号資産取次サービスの2つのサービスを提供する。
2017-08-21
2022-04-01
シリーズA
1,330,000
オリジナル記事
3
大型調達の波、BtoBマーケットプレイスを徹底解説
2021/09/14
月に1度お届けする「海外ニュース丸わかり」では、世界で続々と誕生するユニコーンに着目。足元ではどんなスタートアップが順調に資金を調達し、企業価値を拡大しているのか。ユニコーンの動向を読み解くことで、今後、日本のスタートアップ業界に起こるであろうトレンドをいち早くキャッチする。 今月のテーマは「BtoBマーケットプレイス」だ。世界各地で大型調達が相次いでおり、注目が集まるBtoBマーケットプレイス。そのトレンド急成長の背景とビジネスモデルの特徴を、同領域のビジネスを手がけるラクスルCOO福島 広造氏のコメントともに解説する。 そのほか、デカコーンが生まれたwithコロナビジネスや、引き続き成長が続く暗号資産系サービスについて、注目ユニコーンやそこから見えてくるトレンドを紹介する。
周回遅れの暗号資産サービス、変化の兆し
2021/08/24
今週のトップニュースは、機関投資家向け暗号資産運用のHYPERITHMの12億円調達や、米大手コインベースの日本市場参入など、暗号資産サービスの新たな動きについて紹介する。 そのほか、マイクロモビリティのLuupの20億円調達ニュースから同社が活用した規制改革制度について、人材×メディアを軸に1.6兆円のペット市場に挑むTYLの資金調達ニュースからペット関連スタートアップの動向について解説する。
協業にこだわらない、NTTドコモ・ベンチャーズの投資戦略
2021/05/13
2008年からスタートアップへの投資を続け、日本のCVCの中でも長い歴史を持つNTTグループ。組織再編を経て2013年に誕生したCVC、NTTドコモ・ベンチャーズはシリコンバレーにも拠点を持ち、世界の最先端技術を自社のビジネスに活かしてきた。ただ、スタートアップ投資を始めてからこれまで、すべてが順風満帆だったわけではない。CVCのあるべき姿について社内で議論を重ね、試行錯誤を繰り返してきた歴史とも言える。 NTTドコモ・ベンチャーズはどのようにして海外で体制を作り、現在のような投資手法に行きついたのか。2013年からシリコンバレーで投資に携わり、2018年から同社の代表を務める稲川尚之氏に、これまでの投資の歴史とCVC成功の秘訣について話を聞いた。
initial-enterprise-vertical
このページは、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」新プランユーザーへの限定公開になります。
新プランの詳細はこちら
契約済みの方はログインしてください