法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#半導体
#

半導体

スタートアップ55資金調達445提携・M&A26オリジナル記事2
このページをシェア
スタートアップ
55
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社Eサーモジェンテック
株式会社Eサーモジェンテック
熱電発電事業を展開するスタートアップ。高い熱回収効率(従来のセラミック基板型に比べ約3倍)、モジュールとしての高い熱電変換効率、低コスト、熱電素子選択の自由度が高いことが特徴の発電モジュール「フレキーナ®」を開発。「熱電発電の普及を推進し、エネルギーの効率的利用を促進する」ことを経営スローガンとする。
#製造#BtoB#電力#CleanTech#半導体#新エネルギー...
2013-02-26
2021-05-31
シリーズB
1,551,600
株式会社KOALA Tech
有機半導体を用いた次世代レーザーダイオード(OSLD)の研究開発。従来の無機半導体よりも速く簡易に薄型フィルムに製造可能で、有機電子プラットフォームに組み込みやすい点が強み。有機半導体レーザーは、無機半導体レーザーでは困難であった「可視~近赤外域の任意の波長でレーザー発振」を可能とする。特に、近赤外レーザーは、生体認証、光学センサーなどの分野で新たな応用展開が見込まれている。
2019-03-22
2021-05-27
シリーズA
1,033,374
SCIVAX株式会社
ナノインプリント関連事業及び知的財産関連事業を展開。ナノインプリント装置、ナノインプリント成型サンプル、規格モールドの開発・販売。無機ワイヤーグリッド偏光板の開発。レンズ設計技術「Gyockt Optics」の開発。「微細加工サービスのシミュレーションから量産を通して科学の価値を社会の価値に高め、人々の豊かな生活を実現していくこと」をミッションに掲げる。
2004-02-05
2021-03-30
シリーズC
8,314,320
(推測)
オリジナル記事
2
TEL Venture Capital成功の秘訣、「マイルストーン投資」とは
2021-07-09
半導体製造装置の東京エレクトロン(TEL)は2006年米国にCVC「TEL Venture Capital(以下、TEL Venture)」を設立した。日本企業としては老舗のCVCにあたるが、設立直後には大きな壁に直面し、立ち上げ数年間は成果となる新規事業の創出に至った案件はゼロ。そんなCVCの立て直しに抜擢されたのが、同社で30年以上半導体事業に携わってきた圓城寺 啓一氏だった。 圓城寺氏は代表就任後、組織編成から投資方法まで、全てを抜本的に改革し今のTEL Ventureを作り上げてきた。過去の失敗から何を学び、どのように今のTEL Ventureを作り上げてきたのか。独自に確立した「マイルストーン投資」とはどのような仕組みなのか。圓城寺氏に聞いた。
クラフトバンク、会社分割によるMBOで5.9兆円市場を狙う
2021-06-22
今週のニュースでは建設テックのクラフトバンクと、世界で初めて次世代パワー半導体材料・酸化ガリウムの量産に成功したノベルクリスタルテクノロジーを取り上げる。 クラフトバンクは内装事業とプラットフォーム事業を手がけるユニオンテックから分社化されたスタートアップ。急成長している最中、なぜ分社化し、3.5億円の資金調達をしたのかをクラフトバンク代表取締役社長の韓英志氏に聞いた。 コラムでは米国を中心に広がる、スタートアップに新たな資金調達手段を提供するFinTech企業を紹介する。
initial-enterprise-vertical
法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」では、すべてのコンテンツと機能をご利用になれます。
スタートアップ
15,300
事業内容 / 株主 / 役員 / 従業員数 / ラウンド情報 / ファイナンス情報 / ニュース / 類似企業 など
投資家
12,700
投資先 / 投資家種別(VC、事業法人、金融機関...) / 投資対象 / ファンド / ニュース など
投資ラウンド
74,400
調達日 / INITIALシリーズ / 調達額 / 調達後評価額 / 投資家 など
ファンド
2,300
ファンド名 / 開始日 / ファンド額 / ファンド種別 / ファンド類型 / 重点ステージ など
契約済みの方はログインしてください