initial-logo

  • 3分でわかるINITIAL
  • ログイン
ログイン
  1. ホーム
  2. タグ
  3. #自動運転
#

自動運転

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事

国内スタートアップ

59
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
AI教習所株式会社
AI教習所株式会社
AIと自動運転技術を活用した新しい運転教習システム「AI教習システム」の提供。「日本の交通教育に起きている問題を解決し、世界一安全な交通社会を実現」をビジョンに掲げる。
  • #人工知能
  • #自動運転
2021/05/12
2024/06/30
Turing株式会社
カメラから取得したデータのみでステアリング・ブレーキ・アクセルなど、運転に必要なすべての判断をAIが行うEnd-to-End (E2E)の自動運転開発に取り組む。自社開発の世界を理解するマルチモーダル生成AI「Heron」を活用することで、走行データに存在しない状況でも倫理的に対応可能なシステムを構築し、ルールベースでは到達困難なレベル5の完全自動運転実現を目指す。大規模データセットで学習した巨大なニューラルネットワークを使い、カメラ映像から直接運転指示を出力するEnd-to-End (E2E)の自動運転AIを開発。Heron専用の計算基盤として大規模GPUクラスタ「Gaggle Cluster」を構築。2025年に人間の介入なしで都内を30分間走行できる自動運転システムを開発するプロジェクト「Tokyo30」の実行。「We Overtake Tesla」をミッションに掲げる。
2021/08/20
2024/04/26
シード
KGモーターズ株式会社
環境性能の高い小型のモビリティを開発し、脱炭素社会の実現を目指すスタートアップ。1人乗りセンターポジションで走る楽しさを追求した小型の電気自動車「ミニマムモビリティ」の開発。「今日より明日がよくなる未来を創る」をミッションに、「小型モビリティで世界を“ワクワク”させる」をビジョンに掲げる。
2022/07/28
2024/04/01
シード
401,000
もっと見る (59

オリジナル記事

2
880億円運用、Woven Capitalの徹底したミッションドリブン投資

2021/09/09

IoTやAIなどの最新技術を活用し、あらゆるモノやサービスをつなげる「Woven City」と称したスマートシティーを静岡県裾野市に建設しようとしているトヨタ自動車。自動車メーカーの枠を超え、「豊かな暮らしをもたらすモビリティの創造」を目指す。 そんな世界の実現のために設立されたのが総額8億ドル(約880億円)規模のグローバル投資ファンドを運用しているウーブン・キャピタル(Woven Capital)。同社はトヨタ自動車の子会社であるウーブン・プラネット・グループのCVCとしてスタートアップと対等な立場でGive & Giveを目指す。その根底にあるミッションドリブンな投資手法とは。また、多彩な経歴を持つメンバーが、以前のキャリアから何を学び、現在に何を活かしているのか。 マネージング・ディレクターのジョージ・ケラマン(George Kellerman)氏とプリンシパルの加藤道子氏に話を聞いた。

東南アジア発・Grabが示す、SPAC上場の変化とは

2021/04/20

今週のトップニュースはシンガポール発Grabの米国SPAC上場発表だ。同社は東南アジア最大の未上場スタートアップで、ソフトバンクをはじめ、東京センチュリー、トヨタ、三菱UFJなど複数の日本企業も出資する。今回はGrab米国SPAC上場の背景と今後の東南アジアスタートアップの動向を見通す。 他にも暗号資産取引所運営のCoinbase大型上場や、国内注目SaaSスタートアップのMagic Momentについても紹介する。 コラムでは、国内自動運転関連スタートアップの動向を取り上げる。

initial-enterprise-vertical
有料契約限定のコンテンツです。
無料トライアルに申し込むと、すべてのコンテンツをご覧になれます。
契約済みの方はログインしてください