法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#キュレーション
#

キュレーション

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事
このページをシェア
国内スタートアップ
43
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
株式会社JX通信社
株式会社JX通信社
報道分野に特化したテックベンチャー。国内の大半の報道機関のほか官公庁・インフラ企業等にSNS発の緊急情報を配信する「FASTALERT(ファストアラート)」、一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」の提供。その他、独自の「クラウドRDD方式」による自動電話情勢調査などのサービスを提供。「テクノロジーで”今起きていること”を明らかにする報道機関」をビジョンに掲げる。
#モバイルアプリ#メディア#オンラインサービス#自然言語処理#機械学習#BtoC...
2008-01-10
2021-09-17
シリーズC
7,365,430
(推測)
スマートニュース株式会社
日本と米国でニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」を運用。世界中の膨大な情報を日夜解析し続けるアルゴリズムと、スマートデバイスに最適化された快適なインターフェースを通じて良質な情報を提供。「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」をミッションに掲げる。
2012-06-15
2021-09-16
シリーズF
201,720,456
(推測)
2017-10-01
2019-01-15
オリジナル記事
2
スマートニュース100億円調達の裏側、キーマン3氏が語る決意と勝算
2020-03-04
前編では、2020年に米国での大勝負に打って出るスマートニュースについて、シリーズAからEまでの資金調達を振り返りながら、その戦略と課題について分析した。 INITIALでは、シリーズEの資金調達を統括したスマートニュース経営企画・ファイナンス担当の松本哲哉氏、シリーズEのリード投資家であるACA Investments(以下、ACA)パートナーの小野寛幸氏、シリーズAから継続的に投資を実行しているグロービス・キャピタル・パートナーズ(以下、GCP)代表パートナーの今野穣氏に単独インタビューを敢行、米国市場攻略への決意と勝算を聞いた。 後編では、3氏へのインタビューを一気に掲載する。
スマートニュース、独自のファイナンスから見えた米国攻略の秘策
2020-03-03
ニュースアプリのスマートニュースは2019年7月にシリーズE1回目の資金調達をクロージングし、調達後企業評価額が1000億円を突破して「ユニコーン」入りを果たした。 INITIALでは、今回の資金調達を統括した同社経営企画・ファイナンス担当の松本哲哉氏、今回のリード投資家であるACA Investments(以下、ACA)パートナーの小野寛幸氏、シリーズAから継続的に投資を実行しているグロービス・キャピタル・パートナーズ(以下、GCP)代表パートナーの今野穣氏のキーパーソン3氏に単独インタビューを敢行。 米国市場攻略への並々ならぬ意欲と勝算を聞いた(後編で3氏インタビューを一気に掲載する)。 米国市場で確実な橋頭堡を築いたうえで、IPO(新規株式上場)に踏み切るシナリオも見えてきた。スマートニュースの米国市場攻略作戦を、課題とともにリポートする。
initial-enterprise-vertical
このページは、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」新プランユーザーへの限定公開になります。
新プランの詳細はこちら
契約済みの方はログインしてください