法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ホーム/タグ/#再生可能エネルギー
#

再生可能エネルギー

国内スタートアップ海外スタートアップ資金調達提携・M&Aオリジナル記事
このページをシェア
国内スタートアップ
39
企業名
設立年月日
最新ラウンド
調達日
INITIAL
シリーズ
調達後評価額
(千円)
Mirai-LABO株式会社
Mirai-LABO株式会社
ICT(情報通信技術)の活用で移動に関する総合サービスを提供するMaaS社会に向け、自律型MaaSコアプロダクツを開発・提供。無瞬断でバッテリー交換が出来るリフィルバッテリー式発電機「G-CROSS」を開発。省エネ型LED照明システムや自然エネルギー発電照明システム及び環境配慮型街路灯システムを開発。道路舗装面で太陽光発電が行える太陽光パネル「Solar Mobiway(ソーラーモビウェイ)」を開発。充電式LED投光器「X-teraso」、充電式LEDライト「TRACE-2000A」、多用途LEDライト「MiLED miniⅢ」を提供。
#再生可能エネルギー#新エネルギー#太陽電池#ハードウェア#電池#モビリティ...
2006-04-06
2021-12-24
シリーズB
5,099,789
株式会社パワーエックス
洋上風力発電所から海岸に電気を運ぶ船「Power ARK100」の製造。大型蓄電池工場「Power MAX」の開設。船舶用電池、電気自動車(EV)の急速充電用電池、グリッド用電池の製造、販売を企画。「送電にイノベーションを起こし、再生エネルギーの爆発的な普及を実現する」ことをミッションに掲げる。
2021-03-22
2021-12-02
シード
シン・エナジー株式会社
エネルギーを基軸とした地域のプロデュース、エンジニアリングを手掛ける。再生可能エネルギー開発や電力販売を行う。
1996-12-01
2021-11-25
9,624,623
(推測)
オリジナル記事
1
Amazonも熱視線、気候テック最前線
2021-09-02
国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は2021年8月、大幅に温室効果ガスを削減しない限り、21世紀中に地球温暖化は1.5~2度進むという予測を発表した。報告書では「人間の影響によって大気、海洋、陸地が温暖化したことは明白である」と述べられており、温室効果ガスの削減は、いよいよ待ったなしの課題になろうとしている。 こうした難題を解決すべく、温室効果ガスの削減や地球温暖化対策に焦点を当てたClimate Tech(クライメイトテック=気候テック)関連のスタートアップが次々と生まれている。二酸化炭素を石油由来製品の代替になるよう転換して商品パッケージに使用したり、大気中の二酸化炭素を直接収集したりーー。こうした新たな技術を持つスタートアップに投資マネーも向かう。VCによる特化型ファンドが設立される一方、2020年にはAmazonが気候特化のCVCを立ち上げた。 “今そこにある危機”をチャンスに変え、地球の未来を救う一助となると期待を集める気候テックについて、その最前線をお伝えする。 (この記事は最新のテクノロジー動向を英語で伝えるサービスSPEEDA EDGEの記事を元にINITIALが編集・加筆してお届けします)
initial-enterprise-vertical
このページは、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」新プランユーザーへの限定公開になります。
新プランの詳細はこちら
契約済みの方はログインしてください