法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
株式会社イクシス
法人番号: 8020001075040

株式会社イクシス

このページをシェア
法人番号: 8020001075040

株式会社イクシス

事業内容2021-12-02 更新
インフラ向けロボット及び特殊環境対応型ロボット等の開発、販売。 ワイヤ吊り下げ型目視点検ロボット「Rope Stroller」や橋梁点検用下フランジ把持式5.1軸自由度観測・記録支援装置「Turrets」などの提供。 AR施工状況管理システムや建物・構造物診断システム(AI・AR)など、AI・ARデータサービスの提供。 遠隔臨場レンタルサービス「GENBA-Remote」や現場向けネット回線レンタルサービス「GENBA-Net」などを提供する「GENBA Solution」を展開。 「ロボット×テクノロジーで社会を守る」というミッションを掲げる。
#IoT#人工知能#ハードウェア#BtoB#ソフトウェア#ロボット

2019-03-15時点
調達後評価額(潜在株を含む)
2,490百万円
2019-03-15時点
従業員数
45
2021-02-09確認

株主(過去の株主を含む)
一般社団法人J&TC Frontier / 鹿島建設株式会社 / ソニーグループ株式会社 / 横浜キャピタル株式会社 / 株式会社ケイエスピーすべて見る

企業概要2021-12-02更新
情報ソースについて

企業名
株式会社イクシス
英語名
iXs Co., Ltd.
代表者名
山崎 文敬、 狩野 高志
住所
神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 かわさき新産業創造センター(AIRBIC)内
URL
https://www.ixs.co.jp/
設立
1998-06
起源
学生起業
タイプ
未公開企業
業種
半導体/その他電子部品・製品
株主状況
VCあり, 事業会社あり, 公的機関資金支援あり
SNS
スタートアップを、もっと身近に。
NewsPicksスタートアップを見る

ニュース

ファイナンス・M&A
資金調達2021-12-02
イクシス、第三者割当増資を実施 シリーズBラウンドにて調達(調達額は非公開)
外部ニュース
AI画像解析を使用したガードレール支柱腐食点検システムを開発
2020/08/28
NewsPicksの検索結果
シリーズBで第三者割当増資を実行
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES2時間前
株式会社イクシスのプレスリリース(2021年12月2日 16時30分)シリーズBで第三者割当増資を実行
1Picks
シリーズBで第三者割当増資を実行
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES2時間前
株式会社イクシスのプレスリリース(2021年12月2日 16時30分)シリーズBで第三者割当増資を実行
1Picks
凸版印刷がAI画像解析を活用したガードレール支柱点検システムを発表
LIGARE2020/09/02
凸版印刷株式会社、株式会社イクシス、株式会社ケー・エフ・シーが28日、ガードレール支柱の腐食部分を検出する「ガードレール支柱腐食点検システム」を開発した。今回のシステムでは、ディープラーニングに...
3Picks
LIGARE2020/09/02
凸版印刷株式会社、株式会社イクシス、株式会社ケー・エフ・シーが28日、ガードレール支柱の腐食部分を検出する「ガードレール支柱腐食点検システム」を開発した。今回のシステムでは、ディープラーニングに...
3Picks
AI画像解析を使用した「ガードレール支柱腐食点検システム」が開発
デジタルシフトタイムズ2020/08/28
凸版印刷株式会社、株式会社イクシス、株式会社ケー・エフ・シーは、ディープラーニングによるAI画像解析技術を活用し、ガードレール支柱の腐食部分を検出する「ガードレール支柱腐食点検システム」を開発し...
5Picks
デジタルシフトタイムズ2020/08/28
凸版印刷株式会社、株式会社イクシス、株式会社ケー・エフ・シーは、ディープラーニングによるAI画像解析技術を活用し、ガードレール支柱の腐食部分を検出する「ガードレール支柱腐食点検システム」を開発し...
5Picks
交通規制不要! AIを用いた「ガードレール支柱腐食点検システム」が画期的
マッシュメディア2020/08/28
凸版印刷株式会社と株式会社イクシスおよび株式会社ケー・エフ・シーは、ディープラーニングによるAI画像解析技術を用いた「ガードレール支柱腐食点検システム」を開発した。 従来のガードレール支柱の腐食の検出は、交通規制を
2Picks
マッシュメディア2020/08/28
凸版印刷株式会社と株式会社イクシスおよび株式会社ケー・エフ・シーは、ディープラーニングによるAI画像解析技術を用いた「ガードレール支柱腐食点検システム」を開発した。 従来のガードレール支柱の腐食の検出は、交通規制を
2Picks
自律走行×AIで「ひび割れ検査ロボット」開発!イクシスと安藤ハザマ
自動運転ラボ2020/04/09
業務用ロボット開発などを手掛ける株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市/代表取締役社長:山崎文敬、狩野高志)と、建設大手の株式会社「安藤・間」(本社:東京都港区/代表取締役社長:福富正人)=安藤ハザマ=は2020年4月8 […]
4Picks
自動運転ラボ2020/04/09
業務用ロボット開発などを手掛ける株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市/代表取締役社長:山崎文敬、狩野高志)と、建設大手の株式会社「安藤・間」(本社:東京都港区/代表取締役社長:福富正人)=安藤ハザマ=は2020年4月8 […]
4Picks
建築現場で活躍する自動運転ロボットを共同開発 イクシスと安藤ハザマ
自動運転ラボ2019/06/28
AI(人工知能)ロボット開発を手掛ける株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市/代表取締役:山崎文敬、狩野高志)と建設大手の「株式会社安藤・間」(本社:東京都港区/代表取締役社長:福富正人)=安藤ハザマ=は2019年6月27日までに、建築現場の施工自動化の基盤となる「自律走行ロボット」を共同開発したことを発表した。
3Picks
自動運転ラボ2019/06/28
AI(人工知能)ロボット開発を手掛ける株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市/代表取締役:山崎文敬、狩野高志)と建設大手の「株式会社安藤・間」(本社:東京都港区/代表取締役社長:福富正人)=安藤ハザマ=は2019年6月27日までに、建築現場の施工自動化の基盤となる「自律走行ロボット」を共同開発したことを発表した。
3Picks
危険作業はロボットがやる時代へ。 安藤ハザマ、BIMと連携した自律走行ロボットを開発
施工の神様 | 新時代の建設メディア2019/06/24
BIMとSLAMの連携で、施工の自動化を目指す 安藤ハザマと株式会社イクシスは、建築工事での施工自動化装置の基盤となる「BIMデータと連携した自律走行ロボット」を共同開発した。 「自律走行ロボット」は、建築工事の施工を自動化する上で、ロボットが建物内のどの位置に存在しているかを高精度に認識するために開発したもの。 ロボットは、位置を測定するための「プリズム自動追尾型測量機」とロボットの移動指示と位
6Picks
施工の神様 | 新時代の建設メディア2019/06/24
BIMとSLAMの連携で、施工の自動化を目指す 安藤ハザマと株式会社イクシスは、建築工事での施工自動化装置の基盤となる「BIMデータと連携した自律走行ロボット」を共同開発した。 「自律走行ロボット」は、建築工事の施工を自動化する上で、ロボットが建物内のどの位置に存在しているかを高精度に認識するために開発したもの。 ロボットは、位置を測定するための「プリズム自動追尾型測量機」とロボットの移動指示と位
6Picks
スタートアップのニュースを毎日配信
詳しく
スタートアップのニュースを毎日配信