INITIAL Enterpriseログイン
INITIAL Enterpriseログイン
シェア
ホーム記事一覧デカコーンの創出、5つのキープレーヤーから読み解く
STORY
2020-04-30

デカコーンの創出、5つのキープレーヤーから読み解く

# 東南アジア# 資金調達# 定量ファクト
# 東南アジア# 資金調達# 定量ファクト

東南アジアのスタートアップは2010年ごろからブームを迎えている。その象徴はスーパーアプリのGrab(グラブ)とGojek(ゴジェック)。両社は推定企業評価額100億米ドルを超える巨大未上場スタートアップ「デカコーン」だ。この他に推定企業評価額10億米ドル以上の「ユニコーン」が11社おり、国際的にも注目を集めている。

短期的にはコロナ禍の厳しさもあるが、中長期では総計6億人の人口規模や安定した経済成長を背景に期待される市場だ。本記事では本地域のスタートアップの特徴と日本企業の連携などについて概観する。

CONTENTS

「リープフロッグ」が生み出す東南アジアのスタートアップ

東南アジアのスタートアップシーンを振り返ると、その初期はEコマース、ライドシェア、オンライン旅行代理店が中心だったが、今やその領域は現地ユニコーンやグローバル大手が寡占している。

2015年頃以降、活発な領域は専門特化型EC、電子決済、ブロックチェーン、ロジスティックス、ヘルスケア、不動産、モビリティ、教育、SaaSなど多岐に渡る。

ユニコーンスタートアップは13社中6社が人材と資金のハブであるシンガポール、同じく6社が世界第4位の約2億6千万人の人口を抱えるインドネシアに集中している。

この続きを見るには
この記事は、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」限定公開です。
続きは、無料トライアルに申し込むと読むことができます。
契約済みの方はログインしてください

関連する企業


この記事をシェア
RECOMMENDEDおすすめ記事
VIEW MORE
ネクストユニコーン50社超、鍵は「越境」2020-05-05
# 東南アジア# 資金調達# 定量ファクト
#東南アジア #資金調達 #定量ファクト