INITIAL Enterpriseログイン
INITIAL Enterpriseログイン
シェア
ホーム記事一覧ユニコーンが続々誕生。コロナ禍で勢いを増す世界のEdTech
STORY
2020-06-03

ユニコーンが続々誕生。コロナ禍で勢いを増す世界のEdTech

# 資金調達# GLOBAL EYE# EdTech
# 資金調達# GLOBAL EYE# EdTech

新型コロナウイルスの影響で学校、予備校が休校となり注目を集める「教育」。子どもに良質な教育を提供し続けるための手段として、EdTechへの期待もかつてないほど高まっている。

EdTechスタートアップの資金調達環境を見ると、2020年第一四半期の時点で既に累計調達額は30億ドルを突破。今年に入ってからは新たに3社のEdTechユニコーン(評価額10億ドル以上のスタートアップ)が誕生している。

「テクノロジー」は教育にどう活用されているのか。新しい教育の形を提供するEdTechスタートアップの今を、海外と日本の事例から見ていこう。

CONTENTS

グローバルでは2015年から急成長。EdTechスタートアップの調達環境

グローバルのEdTechスタートアップの資金調達額推移を確認すると、昨年のEdTechスタートアップの資金調達額は70億ドルであった。2014年までは緩やかなペースでの成長を続けていたが、2015年から資金調達額が大きく増加している。

2020年は、第一四半期の時点で既に30億ドルの資金調達が行われている。

2020年1Qの資金調達額を大きく押し上げたのは、中国のオンライン学習サービス「Yuanfudao(猿輔導)」の調達だ。東アジアと東南アジアを中心に投資するプライベートエクイティのHillhouse Capitalをリードインベスターとし、今年3月にシリーズGで約10億ドルの資金調達を行った。

Yuanfudao以外にも、2020年はユニコーン企業の活動が活発だ。

この続きを見るには
この記事は、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」限定公開です。
続きは、無料トライアルに申し込むと読むことができます。
契約済みの方はログインしてください

関連する企業


この記事をシェア
RECOMMENDEDおすすめ記事
VIEW MORE
スタートアップ国際比較。各国を代表するユニコーン企業2020-02-13
# GLOBAL EYE# 資金調達# 定量ファクト
#GLOBAL EYE #資金調達 #定量ファクト