INITIAL Enterpriseログイン
INITIAL Enterpriseログイン
シェア
ホーム記事一覧スタートアップ投資、グローバルで減少。日本への影響はこれから
STORY
2020-06-11

スタートアップ投資、グローバルで減少。日本への影響はこれから

# Finance Review# 資金調達# VC/CVC
# Finance Review# 資金調達# VC/CVC

各国が次々とロックダウンを解除し、withコロナの日常へ歩みを進めている。本記事では、リーマンショック時と足元のスタートアップ投資環境を確認する。

各国のスタートアップ資金調達の影響は、ロックダウン実施以降に現れている。

日本では、特定の業種で投資マインドが減退する動きが確認できるものの、4月までのスタートアップの資金調達額は大きく変化していない。資金調達への影響はこれから出てくると予想される。

CONTENTS

リーマンショックの影響:金融系に影響

現状の状況を見る前に、直近で起こった経済危機、2008年のリーマンショック時を振り返る。当時の国内スタートアップに対する投資環境を、2006年からの投資家タイプ別投資額の推移をもとに確認してみよう。

リーマンショックの影響が出たのは2009年だ。2008年の投資額1475億円に対し、2009年は895億円と39%の減少であった。

投資家タイプ別にみると、寄与率より「事業法人の直接投資」と「VC」がマイナスの影響を大きく与えていることがわかる。

この続きを見るには
この記事は、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」限定公開です。
続きは、無料トライアルに申し込むと読むことができます。
契約済みの方はログインしてください
この記事をシェア
RECOMMENDEDおすすめ記事
VIEW MORE
適応戦略に磨きをかけるスタートアップ。4月の資金調達動向2020-05-20
# Finance Review# 資金調達# 定量ファクト
#Finance Review #資金調達 #定量ファクト