initial-logo
法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
シェア
ホームオリジナル記事米国トップVC「Founders Fund」、スカウトファンドの正体
2020-07-14

米国トップVC「Founders Fund」、スカウトファンドの正体

#資金調達記事#VC/CVC#SaaS#海外

2020年、FF APAC Scoutが日本のスタートアップ、スマートラウンドとCraifの2社へ投資を実施した。FF APAC ScoutはFounders Fundのスカウトファンドである(※1 2020年7月20日 16:15訂正)。

米国のトップVC、Founders Fundは、PayPal創業者のピーターティール氏が創業し、起業家の資金を運用する。FacebookやSpotifyといった世界的企業への投資実績も多く、その動向には常に注目が集まる。

今回INITIALはFF APAC Scoutのスカウターを務めるエンジェル投資家、Jeffrey Lonsdale氏に取材を敢行。日本での投資を行うスカウトファンドの仕組みと、日本のスタートアップに対する海外投資家の目線を紐解いていこう。

CONTENTS

はじまりはEXIT済み起業家の資金。今や60億ドル超を運用するFounders Fund

2005年にPayPal創業メンバーが立ち上げ、これまで計63億ドルの資金を運用するFounders Fund(以下、FF)の投資実績は華々しい。投資件数は549件、EXIT件数は87件に上り(出所: Crunchbase)、数多くの有名スタートアップに投資している。

1972年に設立されたセコイアキャピタルなど、米国では経験豊富な有力老舗VCがひしめく中、2005年設立と比較的若いVCに位置するFounders Fundの独自性はどこにあるのだろうか。

その背景をファンドの成り立ち、投資哲学から紐解いていこう。

この続きを見るには
この記事は、法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」限定公開です。
続きは、無料トライアルに申し込むと読むことができます。
契約済みの方はログインしてください

関連する企業


この記事をシェア
RECOMMENDEDおすすめ記事
VIEW MORE
アーリーステージでの海外調達。クロスボーダーファイナンスの差分2020-07-03
#資金調達記事#VC/CVC#海外