法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
エシカル・スピリッツ株式会社
法人番号: 4011001132364

エシカル・スピリッツ株式会社

このページをシェア
法人番号: 4011001132364

エシカル・スピリッツ株式会社

事業内容2021-06-16 更新
「循環経済を実現する蒸留プラットフォーム」をモットーに、廃棄素材を使用したクラフトジンの生産や、再生型蒸留所を運営。 酒粕を再蒸留してクラフトジンを生産及び販売し、その利益から酒米を酒粕提供元の蔵元に提供し、再度そこから日本酒を生産する循環型「エシカル・ジン・プロジェクト」を始動。第1弾としてクラフトジンのブランド「LAST」を展開。 エシカル生産及び消費に特化した再生型蒸留所「東京リバーサイド蒸溜所」を運営。 「Crafting the New Luxury(新たな嗜好価値を象る)」をミッション掲げる。
#飲食#食品・飲料#酒#eコマース#BtoC#醸造

2021-06-09時点
調達後評価額(潜在株を含む)
812百万円
2021-06-09時点
従業員数

株主(過去の株主を含む)
Beyond Next Ventures株式会社すべて見る

企業概要2021-11-15更新
情報ソースについて

企業名
エシカル・スピリッツ株式会社
英語名
THE ETHICAL SPIRITS & CO.
代表者名
山本 祐也、 小野 力、 山口 歩夢
住所
東京都台東区蔵前3-9-3 臼井ビル4階
URL
https://shop.ethicalspirits.jp/
設立
2020-02
タイプ
未公開企業
業種
消費者向けサービス・販売
株主状況
VCあり
SNS
スタートアップを、もっと身近に。
NewsPicksスタートアップを見る

ニュース

ファイナンス・M&A
資金調達2021-06-16
エシカル・スピリッツ、第三者割当増資を実施 1.4億円超を調達
NewsPicksの検索結果
「酒粕」廃棄素材によるクラフトジン生産や再生型蒸留所を手がけるエシカル・スピリッツが1.4億円調達
TechCrunch Japan2021/06/16
「循環経済を実現する蒸留プラットフォーム」をモットーに、「酒粕」廃棄素材を使用したクラフトジンの生産や、再生型蒸留所を運営する蒸留スタートアップ「エシカル・スピリッツ」は6月16日、第三者割当増資として1億4000万円超の資金調達を実施したと発表した。引受先は、Beyond Next Ventures。
6Picks
「酒粕」廃棄素材によるクラフトジン生産や再生型蒸留所を手がけるエシカル・スピリッツが1.4億円調達
TechCrunch Japan2021/06/16
「循環経済を実現する蒸留プラットフォーム」をモットーに、「酒粕」廃棄素材を使用したクラフトジンの生産や、再生型蒸留所を運営する蒸留スタートアップ「エシカル・スピリッツ」は6月16日、第三者割当増資として1億4000万円超の資金調達を実施したと発表した。引受先は、Beyond Next Ventures。
6Picks
社会課題に取り組む企業と学生がつながるSNS型プラットフォーム「エシカル就活」がリリース
デジタルシフトタイムズ2021/05/18
株式会社Allesgoodは、2021年5月18日に社会課題に取り組む企業と学生がつながるSNS型プラットフォーム「エシカル就活ーETHICAL SHUKATSUー」を開設したと発表した。 ■開...
9Picks
デジタルシフトタイムズ2021/05/18
株式会社Allesgoodは、2021年5月18日に社会課題に取り組む企業と学生がつながるSNS型プラットフォーム「エシカル就活ーETHICAL SHUKATSUー」を開設したと発表した。 ■開...
9Picks
エシカルを7つのテーマに表現して、新しい消費行動の基準を#1~株式会社Liberty代表 三上結香さん~
COCOCOLOR EARTH2021/01/04
今回は、株式会社Liberty代表取締役の三上結香さんにインタビューさせていただきました。第1弾では、三上さんがエシカル消費を提案する上で大切にされていることをお伝えします。大学3年生の時に世界学生環境サミットin京都の実行委員を務める。そ
6Picks
COCOCOLOR EARTH2021/01/04
今回は、株式会社Liberty代表取締役の三上結香さんにインタビューさせていただきました。第1弾では、三上さんがエシカル消費を提案する上で大切にされていることをお伝えします。大学3年生の時に世界学生環境サミットin京都の実行委員を務める。そ
6Picks
10年でウイスキーの市場規模を上回ったジン市場、急成長を支える「自由な製造環境」
DIAMOND SIGNAL2020/10/09
この記事では、世界のスピリッツ市場におけるジンの伸長、そしてその伸長の背景にあるジンの自由さとイノベーション、そして最後にSDGs(持続可能な開発目標)が社会的に重視される今、世界をリードする「エシカル・スピリッツ」について紹介する。
16Picks
DIAMOND SIGNAL2020/10/09
この記事では、世界のスピリッツ市場におけるジンの伸長、そしてその伸長の背景にあるジンの自由さとイノベーション、そして最後にSDGs(持続可能な開発目標)が社会的に重視される今、世界をリードする「エシカル・スピリッツ」について紹介する。
16Picks
ビールからジンを作る。コロナ禍で「ライバルの協業」が生んだ新たな価値
Forbes JAPAN2020/08/25
バドワイザーを日本で提供するAnheuser-Busch InBev(以下ABI)、酒類の可能性を再生の面から追求するエシカル・スピリッツ、そして日本を代表する日本酒ブランド月桂冠の3社は、共同でビール由来の「ジン」を作りあげた。コロナ禍の・・・
10Picks
Forbes JAPAN2020/08/25
バドワイザーを日本で提供するAnheuser-Busch InBev(以下ABI)、酒類の可能性を再生の面から追求するエシカル・スピリッツ、そして日本を代表する日本酒ブランド月桂冠の3社は、共同でビール由来の「ジン」を作りあげた。コロナ禍の・・・
10Picks
新型コロナ禍で廃棄される20000リットルのビール⇒新しいジンに生まれ変わった。
ハフポスト日本版2020/08/01
新型コロナ禍で廃棄される20000リットルのビールを、新しいジンに生まれ変わらせる。 アメリカのビール大手バドワイザーとエシカル・スピリッツ社、月桂冠が、そんな取り組みをしている。 新型コロナによる外出自粛や休業要請で、飲食店が苦境に立たされている。飲食の場で提供されるはずだったビールは、行き場を失った。 このままでは、いずれ廃棄しなければならなくなる。バドワイザーは、より長期間保存できるジ...
8Picks
ハフポスト日本版2020/08/01
新型コロナ禍で廃棄される20000リットルのビールを、新しいジンに生まれ変わらせる。 アメリカのビール大手バドワイザーとエシカル・スピリッツ社、月桂冠が、そんな取り組みをしている。 新型コロナによる外出自粛や休業要請で、飲食店が苦境に立たされている。飲食の場で提供されるはずだったビールは、行き場を失った。 このままでは、いずれ廃棄しなければならなくなる。バドワイザーは、より長期間保存できるジ...
8Picks
コロナ禍で余剰のビールをジンにして発売、エシカル・スピリッツ「REVIVE」、バドワイザー・月桂冠と協業で開発
食品産業新聞社ホームページ2020/07/29
エシカル・スピリッツは9月1日から、新型コロナウイルス感染拡大の影響で余剰となったビールを蒸留して造っ..
6Picks
食品産業新聞社ホームページ2020/07/29
エシカル・スピリッツは9月1日から、新型コロナウイルス感染拡大の影響で余剰となったビールを蒸留して造っ..
6Picks
高濃度のスピリッツ「アルコール77」を製造開始
valuepress2020/04/04
菊水酒造株式会社のプレスリリース(2020年4月3日 11時)。日本酒や焼酎、リキュール、ラム酒などを製造する菊水酒造(高知県安芸市本町4丁目6-25 社長/春田和城)は、このたびアルコール度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」の製造を開始。関係省庁のご指導のもと、4月10日から出荷開始を予定しています。
15Picks
valuepress2020/04/04
菊水酒造株式会社のプレスリリース(2020年4月3日 11時)。日本酒や焼酎、リキュール、ラム酒などを製造する菊水酒造(高知県安芸市本町4丁目6-25 社長/春田和城)は、このたびアルコール度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」の製造を開始。関係省庁のご指導のもと、4月10日から出荷開始を予定しています。
15Picks
ISID、ブロックチェーンで農産物の生産・流通・消費履歴を保証するトレーサビ..(ISID プレスリリース)
財経新聞2018/05/17
TOKYO, May 17, 2018 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下 ISID) のオープンイノベーションラボ(以下イノラボ) は、有機農産物の生産から最終消費までサプライチェーン全体にわたるトレーサビリティをブロックチェーン技術で保証し、近年関心が高まる「エシカル(倫理的)消費※1」の真正性を担保...
21Picks
財経新聞2018/05/17
TOKYO, May 17, 2018 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下 ISID) のオープンイノベーションラボ(以下イノラボ) は、有機農産物の生産から最終消費までサプライチェーン全体にわたるトレーサビリティをブロックチェーン技術で保証し、近年関心が高まる「エシカル(倫理的)消費※1」の真正性を担保...
21Picks
面白法人カヤックの、1社だけの合同説明会はやはり面白かった。
ciotan blog(しおたんブログ)2014/01/13
面白法人カヤック。 その規模200人を超えるWeb制作業界の超大手でありながら、 常に話題に欠かないベンチャースピリッツ溢れる会社・・・(であってるかな?) そんな会社が、一社だけの合同説明会を開催していたので、就活生でもないのに遊びに行ってみました。 トークショーもすごい人である。   カヤックには、私の知ってるだけでも、 「昼食会」のこんどうてつろう氏、 Web業界屈指のアイドルオタク綿引兄さん、 セブ島に支社つくってたらクビになってた夏目和樹などなど 個性溢れる人たちが在籍している(いた)ので いつも何かと新しいことを起こしてワクワクさせてくれる、そんな印象でした。   そう言えば2011年にカヤックが「卒制採用」ということを仕掛けて、 びっくりして当時のブログに書いてた。 形骸化した日本のしょーもない風習なんかをぶっ飛ばして、 業界自体を先導してヘルシーに面白く変えてくれるような そんな気持ちの良い会社。ドキドキしたなぁ。 かつて「旅する京都支社」が出来たときは、京都の美大生は沸きました。 (ここで私は、京都遠征に来た綿引兄さんに出会ったのだった。)   でも、ここ最近は「あの人辞めたらしい」「あの人も引き抜かれたらしい」 という話題がちらほら出て来て、 「あの、カヤック・・・・なのに・・・」「盛者必衰なのか・・・」「21世紀の平家物語なのか・・・」 という風潮は、否めませんでした。 そしてカヤック出身の方々は本当に優秀なクリエイターだから、 みんなの活躍ぶりがまた外で目立っている。 その分、みんなの古巣カヤックは、以前のような勢いはなくなってしまったのだろうか…   と、思いきや。 めちゃくちゃ逆手に取ってる。     普通ありえない。 社員紹介のところに、退職した人が掲げられてる。(そしてめっちゃいる)     更には、退職者インタビューが公開されてる。       今飛ぶ鳥を落とす勢いなのはLINE。そこにバンバン人が転職していくからと   「なんで私がLINE株式会社に?!」なにこれすごい・・・・ ※これは社長NGが出たボツ案らしいが、でも世に出回ってるぞ。     今回のイベントでも、 <言いたい放題!退職者ブース「ここが駄目だよカヤックは」〜退職者3人による座談会〜> と掲げられたブースがしっかり用意され、すごく盛り上がってました。 振り切ってるぞ。 先日話題になってたPhotoshop風の年賀状に、 『2013年のカヤックは、組織改革を行った「回復の年」でした。』と書いてあったけど、 回復どころか、元気に満ち満ちている・・・ ひそひそ噂されるくらいなら、こちらから堂々と言ってやるぞと、攻めて行くぞ、と。 そういうことなのだろうか。 想像の斜め上。 このスタンス・・・・・・ 誠に感服でございます。   △   イベントでは、「退職者ブース」の堤修一さんのお話を聞いてみました。iOSアプリ開発のエンジニアさん。 (カヤック公式採用担当者さんが画像ご提供くださいました!) ...
15Picks
ciotan blog(しおたんブログ)2014/01/13
面白法人カヤック。 その規模200人を超えるWeb制作業界の超大手でありながら、 常に話題に欠かないベンチャースピリッツ溢れる会社・・・(であってるかな?) そんな会社が、一社だけの合同説明会を開催していたので、就活生でもないのに遊びに行ってみました。 トークショーもすごい人である。   カヤックには、私の知ってるだけでも、 「昼食会」のこんどうてつろう氏、 Web業界屈指のアイドルオタク綿引兄さん、 セブ島に支社つくってたらクビになってた夏目和樹などなど 個性溢れる人たちが在籍している(いた)ので いつも何かと新しいことを起こしてワクワクさせてくれる、そんな印象でした。   そう言えば2011年にカヤックが「卒制採用」ということを仕掛けて、 びっくりして当時のブログに書いてた。 形骸化した日本のしょーもない風習なんかをぶっ飛ばして、 業界自体を先導してヘルシーに面白く変えてくれるような そんな気持ちの良い会社。ドキドキしたなぁ。 かつて「旅する京都支社」が出来たときは、京都の美大生は沸きました。 (ここで私は、京都遠征に来た綿引兄さんに出会ったのだった。)   でも、ここ最近は「あの人辞めたらしい」「あの人も引き抜かれたらしい」 という話題がちらほら出て来て、 「あの、カヤック・・・・なのに・・・」「盛者必衰なのか・・・」「21世紀の平家物語なのか・・・」 という風潮は、否めませんでした。 そしてカヤック出身の方々は本当に優秀なクリエイターだから、 みんなの活躍ぶりがまた外で目立っている。 その分、みんなの古巣カヤックは、以前のような勢いはなくなってしまったのだろうか…   と、思いきや。 めちゃくちゃ逆手に取ってる。     普通ありえない。 社員紹介のところに、退職した人が掲げられてる。(そしてめっちゃいる)     更には、退職者インタビューが公開されてる。       今飛ぶ鳥を落とす勢いなのはLINE。そこにバンバン人が転職していくからと   「なんで私がLINE株式会社に?!」なにこれすごい・・・・ ※これは社長NGが出たボツ案らしいが、でも世に出回ってるぞ。     今回のイベントでも、 <言いたい放題!退職者ブース「ここが駄目だよカヤックは」〜退職者3人による座談会〜> と掲げられたブースがしっかり用意され、すごく盛り上がってました。 振り切ってるぞ。 先日話題になってたPhotoshop風の年賀状に、 『2013年のカヤックは、組織改革を行った「回復の年」でした。』と書いてあったけど、 回復どころか、元気に満ち満ちている・・・ ひそひそ噂されるくらいなら、こちらから堂々と言ってやるぞと、攻めて行くぞ、と。 そういうことなのだろうか。 想像の斜め上。 このスタンス・・・・・・ 誠に感服でございます。   △   イベントでは、「退職者ブース」の堤修一さんのお話を聞いてみました。iOSアプリ開発のエンジニアさん。 (カヤック公式採用担当者さんが画像ご提供くださいました!) ...
15Picks
スタートアップのニュースを毎日配信
詳しく
スタートアップのニュースを毎日配信