法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
ジェネシスヘルスケア株式会社
法人番号: 3011001066943

ジェネシスヘルスケア株式会社

このページをシェア
法人番号: 3011001066943

ジェネシスヘルスケア株式会社

事業内容2021-03-23 更新
約1,500遺伝子約360項目を一度に調べる「GeneLifeGenesis2.0(ジーンライフジェネシス2.0)」等の遺伝子解析サービスを提供。 特定の病気になりやすい確率をリスク判定として提示する「リスク判定遺伝子検査キット」を提供。 遺伝子保存サービス「DNA Banking(ディーエヌエーバンキング)」を提供。 医療機関、アカデミア及び法人向けに遺伝子検査等の受託解析サービスを提供。 「遺伝子解析で多様性のある社会づくりに貢献する」ことをミッションに掲げる。
#ハードウェア#MedTech#医療#医療機関#BtoB#モバイルアプリ#遺伝子検査#検査診断

2019-10-02時点
調達後評価額(潜在株を含む)
47,020百万円
2019-10-02時点
従業員数
41
2020-02-26確認

株主(過去の株主を含む)
楽天グループ株式会社 / オムロンヘルスケア株式会社 / 三井物産株式会社 / Founders Fundすべて見る

企業概要2021-02-24更新
情報ソースについて

企業名
ジェネシスヘルスケア株式会社
英語名
Genesis Healthcare Co.
代表者名
デビット・バラン
住所
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー15階・26階(総合受付15階)
URL
https://genesis-healthcare.jp/
設立
2004-03
タイプ
未公開企業
業種
医療・ヘルスケア ICT
株主状況
VCあり, 事業会社あり
SNS
スタートアップを、もっと身近に。
NewsPicksスタートアップを見る

ニュース

ファイナンス・M&A
資金調達2018-02-23
ジェネシスヘルスケア、第三者割当増資を実施 16.5億円を調達
外部ニュース
遺伝子検査のパイオニア ジェネシスヘルスケア株式会社が日本初100万人検査を達成
2021/05/18
NewsPicksの検索結果
「新型コロナウィルスPCR検査キット」販売代理について
New Corporate Site2020/04/30
楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、ジェネシスヘルスケア株式会社(以下、「ジェネシスヘルスケア」)の「新型コロナウィルスPCR検査キット」(以下、「本検査キット」)の法人向け販売窓口を担っておりました。しかし、4月28日、同社の取締役会にて経営体制の変更が決議されたとの報告を受け、それに伴い一時的に販売代理を見合わせます。
3Picks
「新型コロナウィルスPCR検査キット」販売代理について
New Corporate Site2020/04/30
楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、ジェネシスヘルスケア株式会社(以下、「ジェネシスヘルスケア」)の「新型コロナウィルスPCR検査キット」(以下、「本検査キット」)の法人向け販売窓口を担っておりました。しかし、4月28日、同社の取締役会にて経営体制の変更が決議されたとの報告を受け、それに伴い一時的に販売代理を見合わせます。
3Picks
楽天技術研究所内に遺伝子ラボを新設
EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」2018/04/27
楽天株式会社は、2018年5月1日に楽天グループの研究開発機関である「楽天技術研究所」内に「楽天技術研究所 遺伝子ラボ」を設立することを発表。同ラボでは日本が抱える医療費削減や健康意識向上などへの課題解決を目的にジェネシスヘルスケア株式会社と協働で、遺伝子データ分析を通じた新しいマーケティング研究を行う予定だ。
2Picks
EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」2018/04/27
楽天株式会社は、2018年5月1日に楽天グループの研究開発機関である「楽天技術研究所」内に「楽天技術研究所 遺伝子ラボ」を設立することを発表。同ラボでは日本が抱える医療費削減や健康意識向上などへの課題解決を目的にジェネシスヘルスケア株式会社と協働で、遺伝子データ分析を通じた新しいマーケティング研究を行う予定だ。
2Picks
遺伝子検査のパイオニア企業、ジェネシスヘルスケア株式会社が新たに16.5億円を調達
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES2018/02/26
ジェネシスヘルスケア株式会社のプレスリリース(2018年2月23日 10時06分)遺伝子検査のパイオニア企業、ジェネシスヘルスケア株式会社が新たに16.5億円を調達
13Picks
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES2018/02/26
ジェネシスヘルスケア株式会社のプレスリリース(2018年2月23日 10時06分)遺伝子検査のパイオニア企業、ジェネシスヘルスケア株式会社が新たに16.5億円を調達
13Picks
ジェネシスヘルスケア株式会社はIBM社とIBMのコグニティブ技術を活用した遺伝子分野の協業プロジェクトを開始
産経ニュース2016/09/09
ジェネシスヘルスケア株式会社ジェネシスヘルスケア株式会社(本社:東京都渋谷区代表取締役:佐藤バラン伊里以下、ジェネシスヘルスケア)は、日本アイ・ビー・エム株式会…
1Picks
産経ニュース2016/09/09
ジェネシスヘルスケア株式会社ジェネシスヘルスケア株式会社(本社:東京都渋谷区代表取締役:佐藤バラン伊里以下、ジェネシスヘルスケア)は、日本アイ・ビー・エム株式会…
1Picks
ジェネシスヘルスケア株式会社 創立11周年記念「手塚治虫遺伝子解析プロジェクト」 ベレー帽に残された遺髪解析最新結果を8月27日一般公開
PR TIMES2015/08/29
ジェネシスヘルスケア株式会社のプレスリリース(2015年8月28日 13時51分)ジェネシスヘルスケア株式会社 創立11周年記念[手塚治虫遺伝子解析プロジェクト]ベレー帽に残された遺髪解析最新結果を8月27日一般公開
1Picks
PR TIMES2015/08/29
ジェネシスヘルスケア株式会社のプレスリリース(2015年8月28日 13時51分)ジェネシスヘルスケア株式会社 創立11周年記念[手塚治虫遺伝子解析プロジェクト]ベレー帽に残された遺髪解析最新結果を8月27日一般公開
1Picks
遺伝子検査キットのパイオニア、ジェネシスヘルスケア株式会社 三井物産、Founders Fundに第三者割当増資を実施
産経ニュース2015/07/08
ジェネシスヘルスケア株式会社遺伝子検査キットのパイオニア、ジェネシスヘルスケア株式会社(東京都渋谷区:代表取締役佐藤バラン伊里)はこの度、約6億2000万円の第…
5Picks
産経ニュース2015/07/08
ジェネシスヘルスケア株式会社遺伝子検査キットのパイオニア、ジェネシスヘルスケア株式会社(東京都渋谷区:代表取締役佐藤バラン伊里)はこの度、約6億2000万円の第…
5Picks
なぜIT企業が続々とDNAビジネスに参入しているのか? | Goodfind Insight
Goodfind Insight2014/11/02
ヒトとチンパンジーの遺伝子を比較すると98%以上が同じで、ほとんど差がないのをご存知でしょうか。逆に言えば、その2%の差がヒトとチンパンジーの違いを生んでいる決定的な要因なわけです。 遺伝子はタンパク質の設計図のようなもので、そこから生成されたタンパク質が生物としての特性を決定します。生物の身体的な特徴は全て遺伝子に還元されるということですね。そのため、遺伝子を詳細に調べることによって病気のリスクなんかも事前に知ることができます。こういったDNAの情報を活用して様々なサーヴィスを提供するビジネスを行っている企業が近年増えています。   IT企業がDNAビジネスに乗り出している DeNAの子会社であるDeNAライフサイエンスは現在、「MYCODE」という有料の遺伝子解析サーヴィスを提供しています。DeNA創業者の南場さんはご主人の闘病がきっかけでヘルスケアに強い事業的関心を寄せているようで、この「MYCODE」は彼女の肝入りの事業といえます。サービスの流れとしては、インターネットから申し込んで、送付された検査キットで唾液を採取して返送、1~2週間で利用者にオンラインのレポートが通知されるという仕組みです。レポートには病気のリスクや体質が記載されており、その結果に応じてカウンセリング等の予防医療を受けることも可能となります。   DeNAライフサイエンスの遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)   余談ですが、現在の医療では、特定の遺伝子配列から確実に病気のリスクを測定できるわけではありません。実際は、過去の論文データや多数の遺伝子サンプルを用いた統計的なアプローチが採られています。「この遺伝子配列があるってことは、こういう病気になりやすそうだな」という具合です。その統計的なアプローチのため、病気のリスクはパーセンテージで表されることになります。 DeNAに限らず、すでに株式会社ジーンクエストの「ジーンクエスト」やジェネシスヘルスケア株式会社の「ジーンライフ・ゼロ」がすでにサービス提供していますし、googleも「Baseline Study(基礎研究)」という名称のプロジェクトを開始し、将来的なサービスインを目指しています。最近の例でいうと、Yahoo!Japanが「HealthData
1Picks
Goodfind Insight2014/11/02
ヒトとチンパンジーの遺伝子を比較すると98%以上が同じで、ほとんど差がないのをご存知でしょうか。逆に言えば、その2%の差がヒトとチンパンジーの違いを生んでいる決定的な要因なわけです。 遺伝子はタンパク質の設計図のようなもので、そこから生成されたタンパク質が生物としての特性を決定します。生物の身体的な特徴は全て遺伝子に還元されるということですね。そのため、遺伝子を詳細に調べることによって病気のリスクなんかも事前に知ることができます。こういったDNAの情報を活用して様々なサーヴィスを提供するビジネスを行っている企業が近年増えています。   IT企業がDNAビジネスに乗り出している DeNAの子会社であるDeNAライフサイエンスは現在、「MYCODE」という有料の遺伝子解析サーヴィスを提供しています。DeNA創業者の南場さんはご主人の闘病がきっかけでヘルスケアに強い事業的関心を寄せているようで、この「MYCODE」は彼女の肝入りの事業といえます。サービスの流れとしては、インターネットから申し込んで、送付された検査キットで唾液を採取して返送、1~2週間で利用者にオンラインのレポートが通知されるという仕組みです。レポートには病気のリスクや体質が記載されており、その結果に応じてカウンセリング等の予防医療を受けることも可能となります。   DeNAライフサイエンスの遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)   余談ですが、現在の医療では、特定の遺伝子配列から確実に病気のリスクを測定できるわけではありません。実際は、過去の論文データや多数の遺伝子サンプルを用いた統計的なアプローチが採られています。「この遺伝子配列があるってことは、こういう病気になりやすそうだな」という具合です。その統計的なアプローチのため、病気のリスクはパーセンテージで表されることになります。 DeNAに限らず、すでに株式会社ジーンクエストの「ジーンクエスト」やジェネシスヘルスケア株式会社の「ジーンライフ・ゼロ」がすでにサービス提供していますし、googleも「Baseline Study(基礎研究)」という名称のプロジェクトを開始し、将来的なサービスインを目指しています。最近の例でいうと、Yahoo!Japanが「HealthData
1Picks
スタートアップのニュースを毎日配信
詳しく
スタートアップのニュースを毎日配信