法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
株式会社Jiksak Bioengineering
法人番号: 7010001181419

株式会社Jiksak Bioengineering

このページをシェア
法人番号: 7010001181419

株式会社Jiksak Bioengineering

事業内容2021-03-23 更新
神経細胞領域に特化し、iPS細胞由来の神経細胞を用いた独自の神経組織解析技術やシナプスを誘導する技術の開発。 神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療法の開発。 次世代の神経組織培養「Nerve Organoid chip」の研究。 体内と類似した細胞体の凝集部と軸索束を有するヒトiPS細胞から形成される神経組織「Nerve Organoid」の研究、開発。
#BtoB#細胞#iPS細胞#製薬・創薬#研究・開発#バイオテクノロジー

2021-02-09時点
調達後評価額(潜在株を含む)
948百万円
2021-02-09時点
従業員数

株主(過去の株主を含む)
CEJキャピタル株式会社 / CYBERDYNE株式会社 / 株式会社エッセンシャルファーマ / 株式会社メディフューチャー / 大原薬品工業株式会社すべて見る

企業概要2021-06-16更新
情報ソースについて

企業名
株式会社Jiksak Bioengineering
英語名
Jiksak bioengineering Inc.
代表者名
川田 治良
住所
神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 AIRBIC A24
URL
https://www.jiksak.net/
設立
2017-02
タイプ
未公開企業
業種
バイオテクノロジー
株主状況
VCあり, 事業会社あり, 公的機関資金支援あり
SNS
スタートアップを、もっと身近に。
NewsPicksスタートアップを見る

ニュース

ファイナンス・M&A
資金調達2021-03-23
Jiksak Bioengineering、第三者割当増資を実施 シリーズBラウンドでの調達(調達額は非公開)
NewsPicksの検索結果
元ポスドク、1人起業、世界初の「神経工場」で難病ALSへ挑戦 –Jiksak bioengneering 川田治良 - astavision
astavision(アスタビジョン) - あなたの知らない、未来が見つかる。2018/03/08
2018年2月、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の解決に挑むメンバーたった1人のバイオベンチャーJiksak Bioengineeringが約1.9億円の資金調達と「ヒトの神経組織を生産し出荷する」計画を明らかにした。 astavisionでは、昨年7月にインタビューしていた背景をもとに、当時「まずは人体と同じ環境を作り、軸索変性のメカニズムを模索したい」と語るに留まっていた川田さんに、資金...
3Picks
元ポスドク、1人起業、世界初の「神経工場」で難病ALSへ挑戦 –Jiksak bioengneering 川田治良 - astavision
astavision(アスタビジョン) - あなたの知らない、未来が見つかる。2018/03/08
2018年2月、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の解決に挑むメンバーたった1人のバイオベンチャーJiksak Bioengineeringが約1.9億円の資金調達と「ヒトの神経組織を生産し出荷する」計画を明らかにした。 astavisionでは、昨年7月にインタビューしていた背景をもとに、当時「まずは人体と同じ環境を作り、軸索変性のメカニズムを模索したい」と語るに留まっていた川田さんに、資金...
3Picks
Jiksak bioengineering川田さん「ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病の解決に、体内に近い三次元構造をもつ細胞培養技術で貢献したい」 - astavision
astavision(アスタビジョン) - あなたの知らない、未来が見つかる。2017/08/08
ALS(筋萎縮性側索硬化症)。近年はソーシャルメディアの「アイスバケツチャレンジ」キャンペーンで話題となり、ブラックホールの特異点定理の発見で世界的に著名なホーキング博士が発症したことでも知られる筋肉の萎縮と筋力低下の疾患は、発見から長い年月を経たいまも根治を期待できる治療法は全く存在しない。 この病気に、大学時
1Picks
astavision(アスタビジョン) - あなたの知らない、未来が見つかる。2017/08/08
ALS(筋萎縮性側索硬化症)。近年はソーシャルメディアの「アイスバケツチャレンジ」キャンペーンで話題となり、ブラックホールの特異点定理の発見で世界的に著名なホーキング博士が発症したことでも知られる筋肉の萎縮と筋力低下の疾患は、発見から長い年月を経たいまも根治を期待できる治療法は全く存在しない。 この病気に、大学時
1Picks
スタートアップのニュースを毎日配信
詳しく
スタートアップのニュースを毎日配信