法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
株式会社スペースシフト
法人番号: 3010401085438

株式会社スペースシフト

このページをシェア
法人番号: 3010401085438

株式会社スペースシフト

事業内容2022-02-18 更新
衛星データ解析システムの開発を手がける。 SAR衛星データで地表面の変動を検出する干渉SAR技術「SqueeSAR」の提供。 2時期の画像から自動的に変化を検出する「変化検知」の開発。 農作物の作付け作物の特定や、作付・生育状況の把握を光学およびSAR衛星のデータを組み合わせることで、より継続的な観測を可能にする「農業モニタリング」の提供。 水災が発生した際、衛星データを活用して、浸水域や浸水の深さなどの被害状況を自動的にAIで解析する「災害モニタリング」の展開。 レーダー衛星画像から、海底油田由来の海表面の特徴をAIで自動解析する技術「オイルスリック検知」の開発。 「AIx宇宙で世界をひもとく」を理念に掲げる。
#宇宙#データ解析#人工衛星#リモートセンシング#農業#BtoB

A
2021-02-15時点
調達後評価額
(潜在株を含む)
1,230百万円
2021-02-15時点
従業員数

株主(過去の株主を含む)
一般社団法人J&TC Frontier / 株式会社環境エネルギー投資 / スパークス・イノベーション・フォー・フューチャー株式会社すべて見る

企業概要2021-07-16更新
情報ソースについて

企業名
株式会社スペースシフト
英語名
Space Shift Inc.
代表者名
金本 成生
住所
東京都千代田区大手町1丁目6-1 大手町ビル6階 Inspired.Lab
URL
https://spcsft.com/
設立
2009-12
タイプ
未公開企業
業種
ビジネスサービス
株主状況
VCあり, 事業会社あり
SNS
スタートアップを、もっと身近に。
NewsPicksスタートアップを見る

ニュース

ファイナンス・M&A
資金調達2021-02-16
スペースシフト、第三者割当増資を実施 シリーズAラウンドにて5億円を調達
外部ニュース
衛星データ解析システム開発のスペースシフト、シリーズAで宇宙フロンティアファンドなどから5億円の資金調達を実施
2021/02/16
NewsPicksの検索結果
「デジタルツイン」に衛星データ活用、Symmetryとスペースシフトが提携
MoguraVR2020/01/23
建築向けVRソフトウェアを開発するSymmetry Dimensions社と株式会社スペースシフトは、現実空間 […]
2Picks
「デジタルツイン」に衛星データ活用、Symmetryとスペースシフトが提携
MoguraVR2020/01/23
建築向けVRソフトウェアを開発するSymmetry Dimensions社と株式会社スペースシフトは、現実空間 […]
2Picks
<Ridge-i×スペースシフト>レーダー衛星画像解析 AI による海面のオイルスリック(油膜)検出に成功:時事ドットコム
時事ドットコム2018/05/25
[株式会社Ridge-i]~AIを活用した衛星データ利用の促進~株式会社Ridge-i(読みリッジアイ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳原尚史)は、国立研究開発法人産業技術総合研究所の事業「海洋面モニタリングのための衛星画像教師データの整備等」を受注した、株式会社スペースシフト(本社:東京都港区、代表取締役:金本成生)と共同で、レーダー衛星画像解析AIを活用した自動解析を行い、高い精...
2Picks
時事ドットコム2018/05/25
[株式会社Ridge-i]~AIを活用した衛星データ利用の促進~株式会社Ridge-i(読みリッジアイ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳原尚史)は、国立研究開発法人産業技術総合研究所の事業「海洋面モニタリングのための衛星画像教師データの整備等」を受注した、株式会社スペースシフト(本社:東京都港区、代表取締役:金本成生)と共同で、レーダー衛星画像解析AIを活用した自動解析を行い、高い精...
2Picks
衛星ビジネスが作る市場原理の新しい姿、SARデータは産業をどう変えるのか
xTECH - 丸の内・大手町発のビジネスイノベーションメディア2020/08/07
地上の変化とSAR衛星が捉えた画像を組み合わせることで、非常事態宣言後の経済活動の変化を読み解くこともできる。 今回は、衛星データ解析ソフトの開発を行う株式会社スペースシフトの金本氏を紹介する。
1Picks
xTECH - 丸の内・大手町発のビジネスイノベーションメディア2020/08/07
地上の変化とSAR衛星が捉えた画像を組み合わせることで、非常事態宣言後の経済活動の変化を読み解くこともできる。 今回は、衛星データ解析ソフトの開発を行う株式会社スペースシフトの金本氏を紹介する。
1Picks
スタートアップのニュースを毎日配信
詳しく
スタートアップのニュースを毎日配信