法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
株式会社プランテックス
法人番号: 7040001086227

株式会社プランテックス

このページをシェア
法人番号: 7040001086227

株式会社プランテックス

事業内容2021-11-18 更新
人工光型植物工場の企画・設立・運営サポートを行う。 一般的な植物工場が採用しているオープン・タイプの植物工場ではなく、クローズド・タイプの植物栽培装置「Culture Machine」を開発。 「Culture Machine」は、装置全体を断熱材で密閉することによって、光・空気・水の環境が装置ごとに完全独立であり、一般的な植物工場が採用しているオープン・タイプのように、同じ部屋に設置された装置同士で干渉し合うことがないことが特徴。 その他、植物の栽培条件に関する研究やセンサー、ソフトウェア、コントローラからなる、植物成長制御システム「SAIBAIX」の開発を行う。 「世界の食と農に新しい常識を」を理念に掲げる。
#農業#植物#AgriTech#工場#コンサルティング#ハードウェア#センサー#栽培

2020-11-30時点
調達後評価額(潜在株を含む)
8,801百万円
2020-11-30時点
従業員数

株主(過去の株主を含む)
株式会社クボタすべて見る

企業概要2021-11-18更新
情報ソースについて

企業名
株式会社プランテックス
英語名
PlantX Corp.
代表者名
山田 耕資
住所
東京都中央区京橋3-6-15
URL
https://www.plantx.co.jp/
設立
2014-06
タイプ
未公開企業
業種
産業・エネルギー
株主状況
VC不明, 事業会社あり
SNS
スタートアップを、もっと身近に。
NewsPicksスタートアップを見る

ニュース

ファイナンス・M&A
資金調達2020-11-30
プランテックス、第三者割当増資を実施(調達額は非公開)
NewsPicksの検索結果
食料生産をAIが担う。植物を最速で育てる未来工場の姿
Ledge.ai2019/06/24
株式会社プランテックスは、植物を最速で育てる環境条件の組み合わせを、AIで導き出す研究を進めている。1.7倍の耕作地を開拓して食料を作るのは難しく、91億人を支えるためには食料生産技術の革新が必要だ。植物工場の稼働を安定化、効率化させることで、食料生産の未来は変わるのか?
70Picks
食料生産をAIが担う。植物を最速で育てる未来工場の姿
Ledge.ai2019/06/24
株式会社プランテックスは、植物を最速で育てる環境条件の組み合わせを、AIで導き出す研究を進めている。1.7倍の耕作地を開拓して食料を作るのは難しく、91億人を支えるためには食料生産技術の革新が必要だ。植物工場の稼働を安定化、効率化させることで、食料生産の未来は変わるのか?
70Picks
スタートアップのニュースを毎日配信
詳しく
スタートアップのニュースを毎日配信