entrepediaをご利用いただいていた方
entrepediaをご利用いただいていた方
SPECIAL FEATURE

未来のコマースD2C

次世代の小売の形として注目を集める、D2C。これまでの消費者と企業の関わり方をD2Cがどう変えるのか、D2Cビジネスの概況、各国の事例やインタビューをお届けする。
次世代の小売の形として注目を集める、D2C。これまでの消費者と企業の関わり方をD2Cがどう変えるのか、D2Cビジネスの概況、各国の事例やインタビューをお届けする。
VIEW MORE
FEATURED2019-12-02
01FABRIC TOKYOの組織に見る、「小売」と「D2C」の本質的な違いとは
オーダースーツなどのD2Cブランドを展開するFABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)。同社は店舗でサイズを測定した後に、スマートフォンからスーツを注文するビジネスモデルで成長し、2019年12月現在、全国に18店舗を出店している。今年9月にはSaaSとRetailを掛け合わせた「RaaS(Retail as a service)」構想を発表するなど、独自の事業戦略にも高い注目が集まる同社。しかし意外にも、代表の森 雄一郎氏は「D2Cの最大のボトルネックは組織にある」と考えているという。そのボトルネックをFABRIC TOKYOはどのように解決してきたのか。森氏に話を伺った。
# 組織論# D2C# ファッション# FABRIC TOKYO
Never miss a story
メルマガ登録受付中

メールアドレスをご登録いただくと、スタートアップに関する記事や資金調達ニュースなどをメールでお届けします。ぜひご登録ください!

INITIALからメールを送信することに同意の上、[登録]をクリックしてください。