initial-enterprise-vertical
特徴導入事例セミナー・イベント資料・レポート
無料トライアル資料ダウンロード
initial-enterprise-vertical
特徴導入事例セミナー・イベント資料・レポート無料トライアル資料ダウンロード
ホーム/セミナー・イベント/CVC立ち上げのリアル 技術シーズを見つけ出すスタートアップ投資戦略
2022/04/04

CVC立ち上げのリアル 技術シーズを見つけ出すスタートアップ投資戦略

昨今、イノベーション創出による更なる事業拡大や新たな事業創出を目指し、スタートアップ投資に取り組む企業が増加しています。そんな中、発電・エネルギー事業を手がける電源開発(J-POWER)は中長期の成長を見据え、スタートアップへの投資・協業に積極的に取り組んでいます。

今回は、J-POWERのCVC立ち上げメンバーであり、イノベーション総括マネジャーを務められる遠藤 二郎 氏をお招きし、CVC立ち上げとその後の活動に関してのお話を伺います。

J-POWERは2018年10月にイノベーションチームを立ち上げ以降、通常の投資のスキームに加え、シード・アーリーステージのスタートアップに転換社債型新株予約権付社債(CB)で出資するなど、独自の投資スタイルでスタートアップ投資に取り組まれています。その背景には「技術シーズを見つけ出す投資目的」があると、遠藤 氏は語ります。

VC経験者を採用せず、自社のプロパー社員3名のみでCVCを立ち上げたJ-POWERはどのように独自の投資手法を構築し、協業を推進しているのか。立ち上げから現在までの活動で経験した成功と失敗、悩みや乗り越えてきた課題など、実践者だからこそ語れるリアルをお聞きします。

このような方におすすめ

・CVC、スタートアップ投資を検討している方
・CVCなど事業会社でスタートアップ投資を担当している方
・新規事業開発やオープンイノベーションをご担当の方
・スタートアップとの共創にお悩みの方

開催概要

開催日時:2022年4月19日(火)11:00~12:15
参加料:無料
視聴方法:動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。
当日のご案内メールが届かない方はお手数ですが (saas-marketing-branding@uzabase.com) までご連絡ください。
主催:株式会社ユーザベース(INITIAL)

※競合企業様などのご参加をお断りする場合がございます。予めご了承くださいませ。

出演者プロフィール

遠藤 二郎 氏
電源開発株式会社(J-POWER)
経営企画部 経営企画室 総括マネージャー(イノベーションT)
2001年東京大学大学院工学研究科修了後、半導体メーカーを経て、電源開発(J-POWER)入社。バイオマス燃料事業、水道事業、火力発電事業(徳島県の橘湾火力発電所に約3年間勤務)に従事。2016年より経営企画部(兼原子力業務部)。2018年10月同部にイノベーションチームを立ち上げ、新事業探索に取り組む。現在、LP投資2件、9社のスタートアップに出資、出資先以外のスタートアップとも協業等を進めている。

志賀 康平
株式会社ユーザベース Communications & Marketing Division INITIAL Marketing & Branding Team Manager
東北大学工学部を卒業後、西日本旅客鉄道(JR西日本)に入社。非鉄道事業部門の新規事業チームにてM&A・PMIを経験。その後、経営企画部門に異動し、グループ会社の経営管理業務、CVCの戦略策定、新規事業部門の立上げ及び合弁会社(新規事業)の撤退・清算業務を経験。2021年7月からユーザベースに参画。INITIAL事業のマーケティング&ブランディングを担当。


【本セミナーの受付は終了いたしました】
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。
データとストーリーで、
スタートアップの「今」を伝えます
DOWNLOAD DOCUMENT
3分でわかる!
サービスコンセプト / 3つの特徴 / シーン別の利用事例 / 料金プラン などをカンタンに。
FREE TRIAL
まずは体験!
条件からスタートアップを探す、投資家情報を調べるなど、有料の機能を無料でお試し。