法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
最終更新日: 2020-04-20
株式会社バリューアップ
法人番号: 調査対象外

株式会社バリューアップ

このページをシェア
法人番号:

株式会社バリューアップ

事業内容
企業価値創造、向上 データマイニング会社(株)アイズファクトリーのグループ持株会社として(株)バリューアップを設立(http://www.isfactory.co.jp/)

調達後評価額(潜在株を含む)
百万円
従業員数

株主(過去の株主を含む)
表示する情報がありません

企業概要
情報ソースについて

企業名
株式会社バリューアップ
英語名
代表者名
大場 智康
住所
東京都千代田区神田錦町2-9
URL
http://valueup.jp/
設立
2004-04
タイプ
未公開企業
業種
ビジネスサービス
株主状況
VC不明
SNS
スタートアップを、もっと身近に。
NewsPicksスタートアップを見る

ニュース

ファイナンス・M&A
表示するデータがありません
NewsPicksの検索結果
SCSK、DX PEファンド D Capitalと業務提携
SCSK株式会社2021/10/08
SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、D Capital株式会社(本社:東京都港区、代表者:仁木 準・木畑 宏一・梅津 直人、以下 DC社)と業務提携し、DC社がプライベート・エクイティ・ファンド(以下、PEファンド)としての新しい価値であるDXアプローチでバリューアップを行い、新しい企業価値の訴求・創出を目的としたフ...
1Picks
SCSK、DX PEファンド D Capitalと業務提携
SCSK株式会社2021/10/08
SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、D Capital株式会社(本社:東京都港区、代表者:仁木 準・木畑 宏一・梅津 直人、以下 DC社)と業務提携し、DC社がプライベート・エクイティ・ファンド(以下、PEファンド)としての新しい価値であるDXアプローチでバリューアップを行い、新しい企業価値の訴求・創出を目的としたフ...
1Picks
不動産のバリューアップ事業を手掛けるカチデベロップメント、総合不動産投資型クラウドファンディングプラットフォームの展開に向けて、サービス名とブランドメッセー...
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES2021/02/04
カチデベロップメント株式会社のプレスリリース(2021年2月4日 15時00分)不動産のバリューアップ事業を手掛けるカチデベロップメント、総合不動産投資型クラウドファンディングプラットフォームの展開に向けて、サービス名とブランドメッセージを決定
2Picks
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES2021/02/04
カチデベロップメント株式会社のプレスリリース(2021年2月4日 15時00分)不動産のバリューアップ事業を手掛けるカチデベロップメント、総合不動産投資型クラウドファンディングプラットフォームの展開に向けて、サービス名とブランドメッセージを決定
2Picks
開業の流れ
24レンタCAR2020/01/17
【24レンタカー開業の流れ】 レンタカー事業のプロの当社が「開業~運営」まで一貫してサポートいたします。 出店募集はこちら 【お問い合わせ】 お電話でのお問い合わせはこちら 株式会社バリューアップ営業課 TEL:045-226-0932
1Picks
24レンタCAR2020/01/17
【24レンタカー開業の流れ】 レンタカー事業のプロの当社が「開業~運営」まで一貫してサポートいたします。 出店募集はこちら 【お問い合わせ】 お電話でのお問い合わせはこちら 株式会社バリューアップ営業課 TEL:045-226-0932
1Picks
次世代のバリューアップをサポートする 「OYO LIFE CAMP」開講決定
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES2019/11/08
OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社のプレスリリース(2019年11月7日 17時00分)次世代のバリューアップをサポートする [OYO LIFE CAMP]開講決定
1Picks
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES2019/11/08
OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社のプレスリリース(2019年11月7日 17時00分)次世代のバリューアップをサポートする [OYO LIFE CAMP]開講決定
1Picks
賃貸住宅型サービスのOYO LIFE、次世代のバリューアップをサポートする 「OYO LIFE CAMP」開講
マッシュメディア2019/11/07
賃貸住宅型サービス「OYO LIFE」を運営するOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社は、2019年12月より、次世代のバリューアップをサポートする短期集中型プログラム「OYO
14Picks
マッシュメディア2019/11/07
賃貸住宅型サービス「OYO LIFE」を運営するOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社は、2019年12月より、次世代のバリューアップをサポートする短期集中型プログラム「OYO
14Picks
組織のレベルアップとバリュー浸透が一度に叶う「社内イベント」のつくりかた
@人事2019/09/09
株式会社情熱の矢間啓介氏が、組織のレベルアップとバリュー浸透を叶える社内イベントについて解説します。社内イベントの目的の明確化とモチベーションアップ、社内イベントの「意味」、社内イベントを行うことで得られる3つの効果を解説します。
1Picks
@人事2019/09/09
株式会社情熱の矢間啓介氏が、組織のレベルアップとバリュー浸透を叶える社内イベントについて解説します。社内イベントの目的の明確化とモチベーションアップ、社内イベントの「意味」、社内イベントを行うことで得られる3つの効果を解説します。
1Picks
起業家なら押さえておくべき「M&Aイグジット(会社売却)」の基礎知識 | IPOと比較したメリデメetc.【宮崎 淳平】 | Find Job ! Startup
Find Job ! Startup2014/07/07
起業家が創業者利潤を受ける方法には、IPOの他にM&Aイグジット(会社売却)があります。 M&Aイグジット(会社売却)には、『準備が短期間でも実施可能』『コストが割安(上場準備、維持に比べ)』『株式を現金化しやすい』などのメリットがあり、IPO以上に魅力的な場合も多くあります。 今回の記事では、イグジット手法としてのIPO及びM&Aのそれぞれのメリット・デメリットや、そもそものイグジットの基礎知識、企業価値を向上させるための施策をご説明します。皆さんが最適なイグジット戦略を立てる際の参考にして頂けたらと思います。 ■目次 1. イグジットの種類とは?  -創業者利潤を得るためのイグジットの種類とは?  -アメリカではイグジットの9割以上がM&A  -IPOを目指す場合もデメリットを理解し、M&Aとの比較検討をしよう  -(1) IPO後は規制等により株式売却の制限がある  -(2) オーナー経営者が株式売却するとレピュテーションリスクも 2. IPOとM&Aのメリット、デメリット  -企業価値が高くなる場合  -IPOのメリット・デメリット  -M&Aのメリット・デメリット 3. バイアウト・ファンドから学ぶ「企業価値向上」方法  -投資後すぐにバリューアップ活動を開始  -Buyerにとってのリスク要因を減らす  -売却時の重要作業:セルサイド・デューディリジェンス  -セルサイド・デューディリジェンスの結果、利益指標を上昇修正できる場合も  -説明用資料を作成する 4. 企業価値を高めるために、売却タイミングはこの3つの鉄則を守りましょう  -① 自社の事業にとって外部環境が良い時期に交渉を始める  -「類似会社比較法」での評価時に高評価を得るために  -「ディスカウンテッド・キャッシュフロー法」での評価時に高評価を得るために  -外部環境が悪くなると、Buyerの投資会議ではこんな話が…  -② 成長基調が継続している時期に交渉を始める  -類似会社比較法、ディスカウンテッド・キャッシュフロー法でこう判断される  -③ 資金繰りが不安定になってからだと不利になるのでその前に交渉を始める  -よくあるSellerの声 ※今回の記事は、元々ライブドア社でファイナンス・M&A業務を担当し、現在はベンチャー企業を含めた多くのM&A経験(特に、セルサイドアドバイザリー経験)を持つ、株式会社ブルームキャピタル代表取締役の宮崎さんにお話を伺って書きました。 1. イグジットの種類とは? 新しいスタートアップが生まれる環境を作るためにも、スタートアップに挑戦する人たちには、創業者利潤が有ってしかるべきです。役員報酬が低額となりがちなスタートアップ・ベンチャー企業では、こういったイグジットの機会こそが、優秀なチャレンジャーを事業推進に駆り立てる一つの重要な要素です。 まず初めに、その創業者利潤にはどんな種類があるか?から説明を始めます。 創業者利潤を得るためのイグジットの種類とは? イグジットの種類には、大きく『①M&A』と『②IPO』の2つがあります。 創業者利潤というと、「IPO」を連想されるケースが多いですが、それだけがイグジットの方法ではありません。M&Aによるイグジットも今後確実に増えてくることでしょう。 アメリカではイグジットの9割以上がM&A 米国ではベンチャー市場において、圧倒的にM&Aによるイグジットの件数が多く、その割合は9割以上となっており、ここ数十年で急増しています。 ほとんどのイグジットがM&Aによるといっても過言ではありません。日本のベンチャー市場においても、今後はM&Aイグジットがオーナー経営者にとって、もっと身近なものになってくるでしょう。 IPOを目指す場合もデメリットを理解し、M&Aとの比較検討をしよう IPOとM&Aを比較するとどのような違いがあるのでしょうか。 詳細は後述の『2. IPOとM&Aのメリット、デメリット』でご説明しますが、まずは、特筆して知っておくべき、IPO後に株式を売却しにくくなる理由だけ、先にご紹介します。 (1) IPO後は規制等により株式売却の制限がある まず会社がIPOすると株の売却について色々な制限があります。 代表的なものとして、TOB規制に代表される各種規制等により株式売却時の処理が煩雑になることや、インサイダー取引規制により売買時期を慎重に検討しなければならないこと等が挙げられます。 後者のインサイダー取引規制においては、実際に大手証券会社等のプロのアドバイスを元に株式を売却したにも関わらず検挙に至った事例もあるようですので、極めて慎重な対応が求められます。 (2) オーナー経営者が株式売却するとレピュテーションリスクも さらに、オーナー経営者が株式を売却する場合、市場や従業員、会社関係者に対するレピュテーションリスクも発生します。 オーナー経営者が株式を売却するということは長期的に株価が下がるのではないか?との印象を持たれたり、株式売却時に市場での「売り圧力」により株価下落リスクもあったり、投資家への説明が難しくなるケースもあります。 --- 以上で説明した理由により、一気に株式を売却し利益を確定させることが難しく、且つ面倒になるという側面があります。きれいに全株を一気に売却している上場企業オーナーが少ないのはこういった背景があります。 IPO時に自分の持分の株式を市場に「売り出し」する場合は、すぐにキャッシュが手に入ります。しかし、IPO時に一気に保有株全部を売却することは現実的ではありません。当然、オーナー社長がIPO時に一気に株式を売り出し、「これから会社を長期的に成長させます」とはなかなか言えないですよね?当然、市場は許しません。 他にも、会社サイドでみても様々なコストがかかります。上場維持コストとして1億円以上のコスト増になるのが通常ですし、決算発表ごとに様々な手続きが発生したりします。 2. IPOとM&Aのメリット、デメリット 上記では「IPO後は株式を売りにくい」というデメリット部分について書きました。しかし、もちろんIPOにはメリットもありますし、M&Aにもデメリットがあります。 以下にて、簡単にメリット・デメリットをまとめました。これが全てではありませんが、大まかにメリット・デメリットは把握頂けます。 こういったポイントに注意して、皆さんの会社のイグジット戦略を決めると良いでしょう。 IPOのメリット・デメリット ...
10Picks
Find Job ! Startup2014/07/07
起業家が創業者利潤を受ける方法には、IPOの他にM&Aイグジット(会社売却)があります。 M&Aイグジット(会社売却)には、『準備が短期間でも実施可能』『コストが割安(上場準備、維持に比べ)』『株式を現金化しやすい』などのメリットがあり、IPO以上に魅力的な場合も多くあります。 今回の記事では、イグジット手法としてのIPO及びM&Aのそれぞれのメリット・デメリットや、そもそものイグジットの基礎知識、企業価値を向上させるための施策をご説明します。皆さんが最適なイグジット戦略を立てる際の参考にして頂けたらと思います。 ■目次 1. イグジットの種類とは?  -創業者利潤を得るためのイグジットの種類とは?  -アメリカではイグジットの9割以上がM&A  -IPOを目指す場合もデメリットを理解し、M&Aとの比較検討をしよう  -(1) IPO後は規制等により株式売却の制限がある  -(2) オーナー経営者が株式売却するとレピュテーションリスクも 2. IPOとM&Aのメリット、デメリット  -企業価値が高くなる場合  -IPOのメリット・デメリット  -M&Aのメリット・デメリット 3. バイアウト・ファンドから学ぶ「企業価値向上」方法  -投資後すぐにバリューアップ活動を開始  -Buyerにとってのリスク要因を減らす  -売却時の重要作業:セルサイド・デューディリジェンス  -セルサイド・デューディリジェンスの結果、利益指標を上昇修正できる場合も  -説明用資料を作成する 4. 企業価値を高めるために、売却タイミングはこの3つの鉄則を守りましょう  -① 自社の事業にとって外部環境が良い時期に交渉を始める  -「類似会社比較法」での評価時に高評価を得るために  -「ディスカウンテッド・キャッシュフロー法」での評価時に高評価を得るために  -外部環境が悪くなると、Buyerの投資会議ではこんな話が…  -② 成長基調が継続している時期に交渉を始める  -類似会社比較法、ディスカウンテッド・キャッシュフロー法でこう判断される  -③ 資金繰りが不安定になってからだと不利になるのでその前に交渉を始める  -よくあるSellerの声 ※今回の記事は、元々ライブドア社でファイナンス・M&A業務を担当し、現在はベンチャー企業を含めた多くのM&A経験(特に、セルサイドアドバイザリー経験)を持つ、株式会社ブルームキャピタル代表取締役の宮崎さんにお話を伺って書きました。 1. イグジットの種類とは? 新しいスタートアップが生まれる環境を作るためにも、スタートアップに挑戦する人たちには、創業者利潤が有ってしかるべきです。役員報酬が低額となりがちなスタートアップ・ベンチャー企業では、こういったイグジットの機会こそが、優秀なチャレンジャーを事業推進に駆り立てる一つの重要な要素です。 まず初めに、その創業者利潤にはどんな種類があるか?から説明を始めます。 創業者利潤を得るためのイグジットの種類とは? イグジットの種類には、大きく『①M&A』と『②IPO』の2つがあります。 創業者利潤というと、「IPO」を連想されるケースが多いですが、それだけがイグジットの方法ではありません。M&Aによるイグジットも今後確実に増えてくることでしょう。 アメリカではイグジットの9割以上がM&A 米国ではベンチャー市場において、圧倒的にM&Aによるイグジットの件数が多く、その割合は9割以上となっており、ここ数十年で急増しています。 ほとんどのイグジットがM&Aによるといっても過言ではありません。日本のベンチャー市場においても、今後はM&Aイグジットがオーナー経営者にとって、もっと身近なものになってくるでしょう。 IPOを目指す場合もデメリットを理解し、M&Aとの比較検討をしよう IPOとM&Aを比較するとどのような違いがあるのでしょうか。 詳細は後述の『2. IPOとM&Aのメリット、デメリット』でご説明しますが、まずは、特筆して知っておくべき、IPO後に株式を売却しにくくなる理由だけ、先にご紹介します。 (1) IPO後は規制等により株式売却の制限がある まず会社がIPOすると株の売却について色々な制限があります。 代表的なものとして、TOB規制に代表される各種規制等により株式売却時の処理が煩雑になることや、インサイダー取引規制により売買時期を慎重に検討しなければならないこと等が挙げられます。 後者のインサイダー取引規制においては、実際に大手証券会社等のプロのアドバイスを元に株式を売却したにも関わらず検挙に至った事例もあるようですので、極めて慎重な対応が求められます。 (2) オーナー経営者が株式売却するとレピュテーションリスクも さらに、オーナー経営者が株式を売却する場合、市場や従業員、会社関係者に対するレピュテーションリスクも発生します。 オーナー経営者が株式を売却するということは長期的に株価が下がるのではないか?との印象を持たれたり、株式売却時に市場での「売り圧力」により株価下落リスクもあったり、投資家への説明が難しくなるケースもあります。 --- 以上で説明した理由により、一気に株式を売却し利益を確定させることが難しく、且つ面倒になるという側面があります。きれいに全株を一気に売却している上場企業オーナーが少ないのはこういった背景があります。 IPO時に自分の持分の株式を市場に「売り出し」する場合は、すぐにキャッシュが手に入ります。しかし、IPO時に一気に保有株全部を売却することは現実的ではありません。当然、オーナー社長がIPO時に一気に株式を売り出し、「これから会社を長期的に成長させます」とはなかなか言えないですよね?当然、市場は許しません。 他にも、会社サイドでみても様々なコストがかかります。上場維持コストとして1億円以上のコスト増になるのが通常ですし、決算発表ごとに様々な手続きが発生したりします。 2. IPOとM&Aのメリット、デメリット 上記では「IPO後は株式を売りにくい」というデメリット部分について書きました。しかし、もちろんIPOにはメリットもありますし、M&Aにもデメリットがあります。 以下にて、簡単にメリット・デメリットをまとめました。これが全てではありませんが、大まかにメリット・デメリットは把握頂けます。 こういったポイントに注意して、皆さんの会社のイグジット戦略を決めると良いでしょう。 IPOのメリット・デメリット ...
10Picks
スタートアップのニュースを毎日配信
詳しく
スタートアップのニュースを毎日配信