法人向け Enterprise詳細を見る
法人向け Enterpriseログイン
法人向け Enterpriseログイン
株式会社Xiborg
法人番号: 3011001099951

株式会社Xiborg

このページをシェア
法人番号: 3011001099951

株式会社Xiborg

事業内容2015-10-14 更新
バイオメカニクスを考慮した競技用義足の開発
検索キーワード:
HealthTech,義足,ロボット,デジタルヘルス,医療機器

調達後評価額
(潜在株を含む)
百万円
従業員数

株主(過去の株主を含む)
表示する情報がありません

企業概要2015-10-14更新
情報ソースについて

企業名
株式会社Xiborg
英語名
Xiborg
代表者名
遠藤 謙
住所
東京都渋谷区神宮前6-34-3 原宿バーダントハイツ402
URL
http://xiborg.jp/
設立
2014-05
タイプ
未公開企業
業種
医療・ヘルスケア ICT
株主状況
VC不明
SNS
スタートアップを、もっと身近に。
NewsPicksスタートアップを見る

ニュース

ファイナンス・M&A
表示するデータがありません
外部ニュース
技術があれば… ロボット義足で「そんなバカな」をなくす
2016/12/02
NewsPicksの検索結果
高齢者の手当が手厚くなるほど若者との間が分断されてしまう。年齢でくくって考えることは、もはやナンセンスなのでは - 「賢人論。」第26回(前編)為末大氏 - みんなの介護
BLOGOS - 最新記事2016/10/25
陸上短距離種目の世界大会で日本人初のメダルを獲得し、シドニー、アテネ、北京と三度のオリンピックに出場するなど、25年もの間アスリートとして数々の実績を積み上げた為末大氏。引退後は義足開発の開発を行う『株式会社Xiborg(サイボーグ)』、スポーツ本来の価値を社会にPRする『株式会社侍』を設立するなど、スポーツの分野のみならず活躍の場を広げている。前編となる今回は、超高齢社会を迎えた日本のこと...
2Picks
高齢者の手当が手厚くなるほど若者との間が分断されてしまう。年齢でくくって考えることは、もはやナンセンスなのでは - 「賢人論。」第26回(前編)為末大氏 - みんなの介護
BLOGOS - 最新記事2016/10/25
陸上短距離種目の世界大会で日本人初のメダルを獲得し、シドニー、アテネ、北京と三度のオリンピックに出場するなど、25年もの間アスリートとして数々の実績を積み上げた為末大氏。引退後は義足開発の開発を行う『株式会社Xiborg(サイボーグ)』、スポーツ本来の価値を社会にPRする『株式会社侍』を設立するなど、スポーツの分野のみならず活躍の場を広げている。前編となる今回は、超高齢社会を迎えた日本のこと...
2Picks
パラアスリートのためのレース用義足を開発するXiborg遠藤謙さんに聞く、価値の多様性が認められる未来への近道 - GeekOut
GeekOut2018/03/16
障害者が障害に関係なく、高いレベルでの競技を行う。そんな社会の到来を待ち望みながら、障害者アスリート(パラアスリート)のためのレース用義足を開発する「株式会社Xiborg」は、2020年の東京パラリンピックを目指してパラアスリートと一緒にレース用義足の開発に取り組みつつ、日常生活でも障害者と健常者が同じように過ごせるテクノロジーを目指している。創業者の遠藤謙さんにお話を伺った。
2Picks
GeekOut2018/03/16
障害者が障害に関係なく、高いレベルでの競技を行う。そんな社会の到来を待ち望みながら、障害者アスリート(パラアスリート)のためのレース用義足を開発する「株式会社Xiborg」は、2020年の東京パラリンピックを目指してパラアスリートと一緒にレース用義足の開発に取り組みつつ、日常生活でも障害者と健常者が同じように過ごせるテクノロジーを目指している。創業者の遠藤謙さんにお話を伺った。
2Picks
「出来ないことに引きずられない。」 両親のもと、自由に好きなことに没頭した子ども時代
LITALICO(りたりこ)発達ナビ2017/09/12
ソニーコンピュータサイエンス研究所の研究員として、そして株式会社Xiborg(サイボーグ)の代表として、義足の研究開発をされている遠藤謙さんにお話を伺います。連載第2回では、幼少期に熱中したことや、「自由にやらせてくれた」というご両親について話していただきました。また、好きなことに熱中する一方で、不得意なことにはどう対処するかについての考えもお聞きしました。
1Picks
LITALICO(りたりこ)発達ナビ2017/09/12
ソニーコンピュータサイエンス研究所の研究員として、そして株式会社Xiborg(サイボーグ)の代表として、義足の研究開発をされている遠藤謙さんにお話を伺います。連載第2回では、幼少期に熱中したことや、「自由にやらせてくれた」というご両親について話していただきました。また、好きなことに熱中する一方で、不得意なことにはどう対処するかについての考えもお聞きしました。
1Picks
スタートアップのニュースを毎日配信
詳しく
スタートアップのニュースを毎日配信