国内事業法人の投資

加速するスタートアップへの直接投資

2月に国内スタートアップ資金調達に関するレポート ”Japan Startup Finance 2018”をリリースしました。
本レポートはJapan Startup Finance2018より、事業法人の投資に焦点をあて、再編集したものです。

国内スタートアップを支えるのは事業法人であることが日本の特徴ですが、今回、年々増加する事業法人の投資についておまとめしたレポートをお届けします。

国内スタートアップへの投資は事業法人による直接投資とVCによるものに大別されます。2018年は直接投資を行った事業会社が大きく増えたことが一つの特徴といえます。

事業法人の投資傾向には大きな変化がなく、金額の伸びは投資会社数が増えたことによります。スタートアップへ注目し、新しい市場を開拓したいという期待が高まっているといえるのではないでしょうか。

また、CVCの動向をみると、2018年はCVCの設立数は増え、VC投資に占めるCVCの投資金額割合も増加しています。
直接投資につづき、CVCも活動も活発化している様子がうかがえます。

2018年の10億円以上の投資案件の一覧やLP一覧も記載していますので、是非ダウンロードして見てみてください。

【関連レポート Japan Startup Finance 2018】
・entrepedia有料会員様はこちら
・entrepedia有料会員以外の皆様はこちら

以下のフォームに必要事項をご入力の上送信いただくと、ダウンロードページが表示されます。

フォームが表示されない場合は...
jvr.sales@uzabase.com までお問い合わせください。

弊社では、資料ダウンロードフォームよりお預かりした個人情報の取扱いについて、次のように管理し保護に努めてまいります。この先続行することで下記に同意したものとします。

【個人情報の収集・利用・提供について】
お預かりしました個人情報は、弊社にて開催するセミナーイベントのご案内、製品・サービスのご紹介(メールマガジン等)に利用させていただきます。

【個人情報保護方針】
個人情報取扱い管理の詳細については、以下のリンクをご参照ください。
株式会社INITIAL: https://initial.inc/pages/privacy-policy-new

Table of Contents

24 pages

<国内事業法人の投資>

投資家タイプ別投資額と投資会社社数
投資家タイプ別投先1社あたりの投資額と事業法人社数
2018年の10億円以上の投資案件(事業法人)
CVCの投資状況
2018年設立のCVC一覧
事業法人系の設立ファンド総額と本数
2018年国内ファンドに対する出資者属性
2018年LP一覧(事業法人)